マンションやアパートのインターネット導入を解説!おすすめ光回線・プロバイダも紹介

マンション・アパートでインターネットやるなら?おすすめ光回線・プロバイダ!

マンションやアパートのような集合住宅でインターネットを利用する場合、一戸建て住宅でネット回線を契約する場合とかなり事情が異なります。

契約するプランがそもそも変わってくるので、回線速度が違う上に月額料金も異なります。

そこで、集合住宅と戸建て住宅のプランにはどのような違いがあるのか、さらに集合住宅の場合にはどの回線・プロバイダを選べばいいのかを紹介させて頂きます。

是非参考にして下さい。

戸建との違い

共同利用方式

一戸建て住宅の場合、回線業者が提供しているエリア内であれば工事をすれば必ず光回線を利用することが出来ます。

しかしマンションやアパートといった集合住宅の場合、建物が回線業者の提供エリア内であったとしてもその建物自体で光回線を契約していなければそもそも利用出来することが出来ません。

建物の共用部分に大元の光回線が引き込まれ、そこから各部屋に分配されるようなイメージです(共同利用方式と呼んだりもします)。

そして光回線の契約がされていた場合でも、基本的には契約されている回線業者と契約をしなければならず、自由に回線業者を選ぶことが出来ません。

例えば建物に引き込まれている「大元の光回線」がNTT回線なら、NTT回線のプロバイダの中から選ばなければならないということです。

なので、集合住宅に住んでいる人はプロバイダを選んだりするよりも先に

  • 自分の建物ではそもそも光回線の契約があるのか
  • 自分の建物はどこの回線業者と契約をしているのか

ということを調べるところからスタートしましょう。

分譲マンションであれば契約書類を調べるかマンション管理会社に問い合わせをし、賃貸マンション・アパートの場合には不動産の仲介会社や建物のオーナーに問い合わせをして確認することが出来ます。

戸建てタイプが可能なケースも

仮にマンションやアパート自体に光回線が導入されていなかったとしても、例外的に光回線を導入する方法があります。

それが、戸建てと同じように電柱から直接光ファイバーケーブルを引っ張ってきて自分の部屋に直接光回線を導入するという方法です。

しかし、集合住宅に戸建てタイプで光回線を導入する際には2つ注意点があります。

低層階しか導入できない

まず1点目の注意点ですが、戸建てタイプは低層階にしか導入することが出来ません。

電柱から部屋まで直接光ファイバーケーブルを引っ張ってくるわけですから、現実的に考えてタワーマンションの最上階まで引っ張ってこれるわけないですよね。

何階までなら導入できるのかは回線事業者によって判断が変わってくるので、もし戸建てタイプの導入を検討している方はまずは電話で問い合わせをしてみましょう。

管理会社やオーナーの許可が必要

2点目の注意点ですが、集合住宅に戸建てタイプを導入する場合、事前に管理会社やオーナーに許可を取りましょう。

というのも、電柱から部屋まで光ファイバーケーブルを引っ張ってくる際、外壁にケーブルを固定する必要があるんですが、場合によっては外壁にビス止めをして固定するケースがあります。

つまり外壁に穴を空ける可能性があるというわけです。

分譲マンションの場合、外壁は恐らく共用部分にあたるでしょうから、個人の独断で外壁を傷つけることは出来ません。

アパートの場合も同様で、外壁に穴を空けるということはつまり建物の価値を下げる行為になりかねないので、絶対にオーナーの許可が必要です。

回線速度

基本的に集合住宅の光回線の速度は一戸建てよりも遅くなります。

一戸建ては回線業者によって1Gbps~10Gbpsのプランを選択することが出来ますが、集合住宅は100Mbps~1Gbpsが最大速度になります。

また、最大100Mbpsのプランと最大1Gbpsのプランを入居者自身で選んだりすることは出来ず、集合住宅で導入されている光回線の配線方式にすべて依存することになります。(配線方式については下で詳しく記述します。)

料金

集合住宅向けのプランは一戸建てのプランよりも回線速度が遅い分、月額料金は安くなります。

一戸建て料金マンション・アパート料金
光コラボ月額4,980~5,200円月額3,980~4,100円
auひかり月額4,900円~5,100円月額2,150円~5,000円
NURO光月額4,743円~7,124円月額1,900円~2,500円

マンションの配線方式

マンションやアパートの場合、一戸建てのように電柱から自宅に配線を引き込むという単純な方式ではなく、大きく分けて3通りの配線方式があります。そしてどの配線方式を選択するかによって契約できるプランや回線の速度が大きく変わってきます。

光配線方式


引用:フレッツ光

マンション・アパートの各部屋まで光ファイバーケーブルを直接引き込む方式を光配線方式と言います。利用者の部屋には「回線終端装置」を設置します。

光ファイバーケーブルを部屋まで直接引っ張ってくるのでマンションタイプの中では最も回線速度が出やすいタイプであり、1Gbpsといった高速回線のプランを利用する場合には基本的に光配線方式である必要があります。

光配線方式のメリット
  • 回線速度が速い(最大1Gbps)
光配線方式のデメリット
  • 月額料金が高い

LAN配線方式


引用:フレッツ光

マンション・アパートの建物まで光ファイバーで接続して、建物内の各部屋まではLANケーブルを利用する方式をLAN配線方式と言います。

マンションタイプの中で最も月額料金が安い一方で、導入している集合住宅が少なく、回線速度は100Mbpsと光配線方式よりも遅いのがデメリットです。

LAN方式のメリット
  • 月額料金が安い
光配線方式のデメリット
  • 回線速度が遅い(最大100Mbps)
  • 導入している集合住宅が少ない

VDSL方式


引用:フレッツ光

マンション・アパートの建物までは光ファイバーで接続して、建物内の各部屋までは既存の電話配線を利用する方式をVDSL方式と言います。利用者の部屋には電話回線用モジュラージャックを経由して「VDSL宅内装置」を設置します。

世帯数が多いマンションによく見られる配線方式で、10年前まではマンションタイプの中で最も主流な配線方式でした。回線速度は100Mbpsと光配線方式よりも遅いのがデメリットです。

VDSL方式方式のメリット
  • 月額料金が安い
光配線方式のデメリット
  • 回線速度が遅い(最大100Mbps)

おすすめプロバイダ

おすすめプロバイダと言っても皆さんがお得に利用できる選択肢はほとんど限られています。

まず、現在住んでいる建物で契約している回線を確認してNTTのフレッツ光が導入されているのか、あるいはauひかりが導入されているのかを調べて下さい。

そして、導入されている回線が分かればあとは自分が利用しているスマホと照らし合わせるだけです。基本的に自分が利用しているスマホと同じ名前の回線業者・プロバイダを選んでおけばスマホとのセット割が使えてお得になります。

NTT回線が導入されている建物

NTT回線(フレッツ光)が導入されているマンション・アパートでは全てのスマホがセット割を受けることが出来ます。

NTT回線あり+auのスマホを利用

NTTの光回線が導入されているマンション・アパートにお住まいの方で、auのスマホを契約されている方にオススメの選択肢は

  • BIGLOBE光
  • So-net光
  • @nifty光

以上の3社です。

すべてauスマホとのセット割が適用可能です。

正直に申し上げてどれを申し込んでも大差はありませんが、強いてランキングをつけるならSo-net光>BIGLOBE光>@nifty光です。

1位
So-net光
So-net光

3社の中で最も好条件なキャンペーンを実施しているのがSo-net光です。最大で30,000円(マンションの場合)のキャッシュバックが受け取れるので、auのスマホ割が適用される光コラボの中では最もお得な選択肢です。

関連記事:So-net光の口コミ・評判

2位
BIGLOBE光
BIGLOBE光

So-net光の次にお得な選択肢はBIGLOBE光です。BIGLOBE光はキャッシュバック特典しかないSo-net光とは異なり、割引と現金キャッシュバックのいずれかを選ぶことができます。キャッシュバックより割引がいいという人はBIGLOBE光を申し込みましょう。

関連記事:BIGLOBE光の口コミ・評判

3位
@nifty光
@nifty光

NEXTのBIGLOBE光の次にお得な選択肢はNNコミュニケーションズの@nifty光です。NNコミュニケーションズの@nifty光は2種類のキャンペーンから選ぶことができ、単なるキャッシュバックのほかに無線LAN+キャッシュバックという選択肢もあります。

関連記事:@nifty光の口コミ・評判

NTT回線あり+ソフトバンクのスマホを利用

NTTの光回線が導入されているマンション・アパートにお住まいの方で、ソフトバンクのスマホを利用している方にオススメの光回線はソフトバンク光、これ一択です。

1位
ソフトバンク光
ソフトバンク光

ソフトバンク光を申し込む場合でも、申し込み窓口によってキャンペーン内容は大きく変わります。少しでもお得にソフトバンク光を利用したい人は高額なキャッシュバックキャンペーンを実施している代理店から申し込みましょう。代理店のNEXTは現金33,000円の高額キャッシュバックが受けられるのでオススメです。

関連記事:ソフトバンク光の口コミ・評判!

NTT回線あり+ドコモのスマホを利用


1位
ドコモ光×GMOとくとくBB
ドコモ光×GMOとくとくBB

GMOとくとくBBは数あるプロバイダの中で最高クラスの15,000円をキャッシュバックしてもらえるので、とにかくお得に申し込みたい人はGMOとくとくBBがオススメです。さらにGMOとくとくBB独自のキャンペーンとして、dカードGOLDを一緒に申し込むとAmazonギフト券5,000円を受け取ることが出来ます。dカードGOLDはドコモのスマホとドコモ光の料金1,000円につき100P、つまり10%という破格の還元率を誇るので、ドコモユーザーなら是非とも持っておきたいカードです。そしてdカードGOLDの申し込みを検討している人は間違いなくGMOとくとくBBを選びましょう。

2位
ドコモ光×plala
ドコモ光×plala

plalaはキャンペーン、サポート、セキュリティソフトなどすべての要素で他のプロバイダと比較しても最高水準です。例えばキャンペーンに関しても15,000円がキャッシュバックされますし、セキュリティソフトに関しても有料、あるいは12か月無料のプロバイダが多い中plalaは24か月無料で利用することが出来ます。さらに訪問サポートに関しても初回は無料で利用することが可能です。オプションの利用を検討しているならplalaを選びましょう。

3位
ドコモ光×So-net
ドコモ光×So-net

ぷららに次いでおすすめなのがSo-netです。特にフレッツ光などでSo-netを利用していたという人はアカウント情報を引き継げる分手続きが楽なのでSo-netを選んでもいいかもしれません。キャンペーンに関してもplala同様に15,000円のキャッシュバックが付いてくるのでその点は申し分ないのですが、訪問サポートとWiFi無料レンタルはどちらか一方しか選べないので、その点は若干plalaに見劣りしてしまいます。

関連記事:ドコモ光の口コミ・評判

NTT回線あり+格安SIMを利用

格安SIMを利用している人でもセット割を受けることが出来るので、フレッツ光が導入されているマンション・アパートであれば契約しているMVNOと同じ名前の光コラボを選びましょう。

全てのMVNOが光コラボを展開しているわけではないので、光回線も取り扱っているMVNO・光コラボを一覧にして紹介します。

MVNOおすすめプロバイダ月額料金セット割公式HP
OCNモバイルONEOCN光5,100円~6,200円200円/月公式HP
DMMモバイルDMM光3,720円~5,420円500円/月公式HP
NifMo@nifty光4,500円~5,200円200円/月公式HP
BIGLOBE SIMBIGLOBE光4,980円300円/月公式HP
DTI SIMDTI光4,800円150円公式HP
U-mobileU-NEXT光4,980円100円~300円公式HP
IIJmioIIJmioひかり4,960円600円公式HP

auひかりが導入されている建物

あまり多くはありませんが、KDDI回線のauひかりが導入されている集合住宅もあります。

auひかりが導入されているマンション・アパートではauスマホのみセット割を受けることが出来ます。

ドコモとソフトバンクのスマホは特に割引を受けることが出来ないので、キャンペーンやスマホのセット割込みで3年間の合計金額がお得になりそうならスマホごとauに乗り換えることも検討してみましょう。

1位
auひかり
auひかり

KDDI回線のauひかりが導入されている集合住宅に住んでいるのなら、間違いなく「auスマホ+auひかり」という組み合わせが最もお得です。auひかりは光回線の中でも最も早い速度である下り最大10Gbpsを実現しているので、速度を求めている人にオススメ出来ますし、キャッシュバック金額も数ある光回線の中でダントツに高いため料金のお得さを求めている人にもオススメです。

NURO光が導入されている建物

NURO光は回線業者としてはかなりの後発なので導入されている建物自体かなり少ないですが、導入されていたらソフトバンクのスマホがセット割を受けることが出来ます。

auとドコモは割引を受けることが出来ないので、キャンペーンやスマホのセット割料金込みで3年間の合計金額が安くなりそうならスマホをソフトバンクに乗り換えることも検討してみましょう。

1位
NURO光
NURO光

NURO光はNTTのフレッツ光とKDDIのauひかりでほぼ二分していた光回線業界に割って入ってきた第三勢力で、回線自体はフレッツ光を借りていますが独自に構築しているためフレッツ光の最大1Gbpsをはるかに超える2Gbpsの回線速度を実現しています。
NURO光を導入している集合住宅はかなり希少なので、自分の住んでいるマンション・アパートで利用できる人はかなりラッキーです。

契約がない・速度が遅い建物

集合住宅特有の問題として、そもそも集合住宅自体で光回線の契約がなかったり、仮に契約があったとしてもVDSL方式やLAN配線方式を採用していて速度が極端に遅かったりするケースが往々にしてあります。

そんなときに自宅でインターネットを利用するための選択肢としてはADSL、あるいはポケットWi-Fi(モバイルルーター)を契約するという2パターンがあります。

ただしADSLに関しては2023年にサービスの提供が終了してしまう関係で、それまでに新規申し込みを停止すると思われるので実質ポケットWi-Fiを利用するというのが現実的な選択肢です。

1位
GMOとくとくBB WiMAX
GMOとくとくBB WiMAX

GMOとくとくBBは数あるWiMAXプロバイダの中でもキャッシュバック金額が非常に高いため、2年~3年の合計金額で見ると業界最安クラスの金額になります。
もちろんモバイルルーターなので光回線に比べれば回線速度は遅くなってしまいますが、自宅で光回線等の固定回線が利用出来ないマンション・アパート住みの人はGMOとくとくBBのWiMAXを検討してみることをオススメします。

まとめ

以上がマンションやアパートにおけるインターネット回線の導入についての解説です。

本記事の内容をまとめると

  • まずは建物に何の回線が導入されているか調べる
  • NTT回線が導入されていてauのスマホを契約しているならSo-net光がオススメ
  • NTT回線が導入されていてソフトバンクのスマホを契約しているならソフトバンク光がオススメ
  • NTT回線が導入されていてドコモのスマホを契約しているならドコモ光(GMO)がオススメ
  • 建物に光回線がないなら戸建てタイプでの導入を検討する
  • 戸建てタイプが導入できないならWiMAXを契約する

となります。

集合住宅は戸建てとは異なり、建物全体を所有しているわけではないので、独断で建物に変更を加えるような行動をするとトラブルに発展しやすいです。

管理会社にしろオーナーにしろ必ず関係各所への「確認」を怠らないようにしましょう。

皆さんが快適なインターネットライフを送れるよう祈っております。

それでは。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください