1. ホーム
  2. 回線・プロバイダ比較
  3. ≫マンション・アパートでインターネットやるなら?おすすめ光回線・プロバイダ!

マンション・アパートでインターネットやるなら?おすすめ光回線・プロバイダ!

マンションやアパートといった集合住宅でインターネットをやる場合、一戸建て住宅でネット回線を契約する場合とかなり事情が異なります。契約するプランがそもそも変わってくるので、回線速度が違う上に月額料金も異なります。

そこで、集合住宅と戸建て住宅のプランにはどのような違いがあるのか、さらに集合住宅の場合にはどの回線・プロバイダを選べばいいのかを紹介させて頂きます。

是非参考にして下さい。

戸建との違い

一戸建て住宅の場合、回線業者が提供しているエリア内であれば工事をすれば必ず光回線を利用することが出来ます。

しかしマンションやアパートといった集合住宅の場合、建物が回線業者の提供エリア内であったとしてもその建物自体で光回線を契約していなければそもそも利用出来することが出来ません。

そして光回線の契約がされていた場合でも、基本的には契約されている回線業者と契約をしなければならず、自由に回線業者を選ぶことが出来ません。
なので、集合住宅に住んでいる人はプロバイダを選んだりするよりも先に「自分の建物ではそもそも光回線の契約があるのか」「自分の建物はどこの回線業者と契約をしているのか」というのを調べるところからスタートしましょう。

分譲マンションであれば契約書類を調べるかマンション管理会社に問い合わせをし、賃貸マンション・アパートの場合には不動産の仲介会社や建物のオーナーに問い合わせをして確認することが出来ます。

回線速度

基本的に集合住宅の光回線の速度は一戸建てよりも遅くなります。

一戸建ては回線業者によって1Gbps~10Gbpsのプランを選択することが出来ますが、集合住宅は100Mbps~1Gbpsが最大速度になります。

また、最大100Mbpsのプランと最大1Gbpsのプランを入居者自身で選んだりすることは出来ず、集合住宅で導入されている光回線の配線方式にすべて依存することになります。(配線方式については下で詳しく記述します。)

料金

集合住宅向けのプランは一戸建てのプランよりも回線速度が遅い分、月額料金は安くなります。

一戸建て料金 マンション・アパート料金
光コラボ 月額4,980~5,200円 月額3,980~4,100円
auひかり 月額4,900円~5,100円 月額2,150円~5,000円
NURO光 月額4,743円~7,124円 月額1,900円~2,500円

マンションの配線方式

マンションやアパートの場合、一戸建てのように電柱から自宅に配線を引き込むという単純な方式ではなく、大きく分けて3通りの配線方式があります。そしてどの配線方式を選択するかによって契約できるプランや回線の速度が大きく変わってきます。

光配線方式


引用:フレッツ光

マンション・アパートの各部屋まで光ファイバーケーブルを直接引き込む方式を光配線方式と言います。利用者の部屋には「回線終端装置」を設置します。

光ファイバーケーブルを部屋まで直接引っ張ってくるのでマンションタイプの中では最も回線速度が出やすいタイプであり、1Gbpsといった高速回線のプランを利用する場合には基本的に光配線方式である必要があります。

光配線方式のメリット
  • 回線速度が速い(最大1Gbps)

光配線方式のデメリット
  • 月額料金が高い

LAN配線方式


引用:フレッツ光

マンション・アパートの建物まで光ファイバーで接続して、建物内の各部屋まではLANケーブルを利用する方式をLAN配線方式と言います。

マンションタイプの中で最も月額料金が安い一方で、導入している集合住宅が少なく、回線速度は100Mbpsと光配線方式よりも遅いのがデメリットです。

LAN方式のメリット
  • 月額料金が安い

光配線方式のデメリット
  • 回線速度が遅い(最大100Mbps)
  • 導入している集合住宅が少ない

VDSL方式


引用:フレッツ光

マンション・アパートの建物までは光ファイバーで接続して、建物内の各部屋までは既存の電話配線を利用する方式をVDSL方式と言います。利用者の部屋には電話回線用モジュラージャックを経由して「VDSL宅内装置」を設置します。

世帯数が多いマンションによく見られる配線方式で、10年前まではマンションタイプの中で最も主流な配線方式でした。回線速度は100Mbpsと光配線方式よりも遅いのがデメリットです。

VDSL方式方式のメリット
  • 月額料金が安い

光配線方式のデメリット
  • 回線速度が遅い(最大100Mbps)

おすすめプロバイダ

おすすめプロバイダと言っても皆さんがお得に利用できる選択肢はほとんど限られています。

まず、現在住んでいる建物で契約している回線を確認してNTTのフレッツ光が導入されているのか、あるいはauひかりが導入されているのかを調べて下さい。

そして、導入されている回線が分かればあとは自分が利用しているスマホと照らし合わせるだけです。基本的に自分が利用しているスマホと同じ名前の回線業者・プロバイダを選んでおけばスマホとのセット割が使えてお得になります。

フレッツ光が導入されている建物

フレッツ光が導入されているマンション・アパートでは全てのスマホがセット割を受けることが出来ます。

ドコモのスマホを利用

スマホと光をドコモでまとめてお得!
ドコモ光
5
回線ドコモ光(フレッツ光)
プロバイダドコモ光
回線速度最大1Gbps
月額料金4,000円~5,400円
セット割月500~1,600円割引
ドコモ光

フレッツ光が導入されている集合住宅に住んでいて、なおかつ現在ドコモのスマホを利用しているなら申し込むべきは「ドコモ光」ほぼ一択です。
一人で利用するのか、家族で利用するのか、申し込むプランによって変わってきますが、ドコモのスマホを利用している人なら月額料金から一人当たり月300円~1,600円の割引が受けられます。もちろん家族で利用しているならさらに割引額は大きくなります。

ソフトバンクのスマホを利用

スマホと光をソフトバンクでまとめてお得!
ソフトバンク光
5
回線ソフトバンク光(フレッツ光)
プロバイダソフトバンク光
回線速度最大1Gbps
月額料金3,800~5,200円
セット割月500~1,000円割引
ソフトバンク光

フレッツ光が導入されているマンション・アパートに住んでいて、現在ソフトバンクのスマホを利用している人は「ソフトバンク光」が一番お得です。
一人でソフトバンクのスマホを利用しているならスマホ料金から500円~1,000円、家族4人でソフトバンクのスマホを利用しているならスマホ料金から2,000円~4,000円の割引が受けられます。

auのスマホを利用

auひかり提供エリア外の場合はコレ!
so-net光
5
回線so-net光(フレッツ光)
プロバイダso-net
回線速度最大1Gbps
月額料金2,600~5,200円
セット割月500円~2,000円割引
so-net光

auはドコモやソフトバンクとは異なりセット割が適用される光コラボの選択肢がいくつかありますが当サイトとしてはso-net光が一番オススメです。so-net光であればスマホ1台につき月額最大2,000円が割り引かれるスマートバリューの適用を受けることが出来るので、1人でも家族数人でもかなりお得に使えるでしょう。

格安SIMを利用

格安SIMを利用している人でもセット割を受けることが出来るので、フレッツ光が導入されているマンション・アパートであれば契約しているMVNOと同じ名前の光コラボを選びましょう。

全てのMVNOが光コラボを展開しているわけではないので、光回線も取り扱っているMVNO・光コラボを一覧にして紹介します。

MVNO おすすめプロバイダ 月額料金 セット割 公式HP
OCNモバイルONE OCN光 5,100円~6,200円 200円/月 公式HP
DMMモバイル DMM光 3,720円~5,420円 500円/月 公式HP
NifMo @nifty光 4,500円~5,200円 200円/月 公式HP
BIGLOBE SIM BIGLOBE光 4,980円 300円/月 公式HP
DTI SIM DTI光 4,800円 150円 公式HP
U-mobile U-NEXT光 4,980円 100円~300円 公式HP
IIJmio IIJmioひかり 4,960円 600円 公式HP

auひかりが導入されている建物

auひかりが導入されているマンション・アパートではauスマホのみセット割を受けることが出来ます。

ドコモとソフトバンクのスマホは特に割引を受けることが出来ないので、キャンペーンやスマホのセット割込みで3年間の合計金額がお得になりそうならスマホごとauに乗り換えることも検討してみましょう。

auスマホとセットでお得!
auひかり so-net
5
回線auひかり
プロバイダso-net
回線速度最大1Gbps
月額料金2,700~4,900円
セット割月500円~2,000円割引
auひかり so-net

auのスマホを使用している人は間違いなくauひかりがお得です。プロバイダはいくつもありますが、キャンペーン内容や大手の安心感などを考慮してso-netをチョイスしました。
ちなみにauひかりのスマートバリュー(スマホ+固定回線+固定電話のセット割)はドコモ光やソフトバンク光に比べて1人あたりの割引額が大きく、1人で最大2,000円の割引、家族が4人いれば最大6,230円の割引が受けられます。
さらに、auスマホとauひかりの支払いをセットにするとau携帯・スマホへの国内通話料が24時間無料になります。

NURO光が導入されている建物

NURO光は回線業者としてはかなりの後発なので導入されている建物自体かなり少ないですが、導入されていたらソフトバンクのスマホがセット割を受けることが出来ます。

auとドコモは割引を受けることが出来ないので、キャンペーンやスマホのセット割料金込みで3年間の合計金額が安くなりそうならスマホをソフトバンクに乗り換えることも検討してみましょう。

回線速度はフレッツ光・auひかりの2倍!
NURO光
4
回線NURO光
回線速度最大2Gbps
月額料金4,743~7,124円
基本工事費40,000円
NURO光

NURO光はNTTのフレッツ光とKDDIのauひかりでほぼ二分していた光回線業界に割って入ってきた第三勢力で、回線自体はフレッツ光を借りていますが独自に構築しているためフレッツ光の最大1Gbpsをはるかに超える2Gbpsの回線速度を実現しています。
NURO光を導入している集合住宅はかなり希少なので、自分の住んでいるマンション・アパートで利用できる人はかなりラッキーです。

契約がない・速度が遅い建物

集合住宅特有の問題として、そもそも集合住宅自体で光回線の契約がなかったり、仮に契約があったとしてもVDSL方式やLAN配線方式を採用していて速度が極端に遅かったりするケースが往々にしてあります。

そんなときに自宅でインターネットを利用するための選択肢としてはADSL、あるいはポケットWi-Fi(モバイルルーター)を契約するという2パターンがあります。

ただしADSLに関しては2023年にサービスの提供が終了してしまう関係で、それまでに新規申し込みを停止すると思われるので実質ポケットWi-Fiを利用するというのが現実的な選択肢です。

光回線の契約がない賃貸物件にオススメ!
GMOとくとくBB WiMAX
3
回線WiMAX2+
プロバイダGMOとくとくBB
回線速度最大440Mbps
月額料金3,609円~4,263円
キャンペーン最大34,000円キャッシュバック
GMOとくとくBB WiMAX

GMOとくとくBBは数あるWiMAXプロバイダの中でもキャッシュバック金額が非常に高いため、2年~3年の合計金額で見ると業界最安クラスの金額になります。
もちろんモバイルルーターなので光回線に比べれば回線速度は遅くなってしまいますが、自宅で光回線等の固定回線が利用出来ないマンション・アパート住みの人はGMOとくとくBBのWiMAXを検討してみることをオススメします。

スポンサーリンク

シェアする!

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。