1. ホーム
  2. 口コミ・評判
  3. ≫MEC光を徹底解剖!口コミ・評判やデメリットについても解説!

MEC光を徹底解剖!口コミ・評判やデメリットについても解説!

2017年4月からサービスが開始されたばかりの「MEC光」。

エキサイト光やエキサイトモバイルを運営する「BB.excite」が提供している光インターネット回線で、「IPv6 IPoE版エキサイト光」と言える役回りの光回線です。

もともと、エキサイト光は月額料金の安さが特徴の光回線で、MEC光も月額料金が安いという特徴を引き継いでいるため、とにかくインターネットの月額料金を安く抑えたいという人に向いています。

ですが、MEC光には月額料金が安いというメリットの裏に潜む、数多くのデメリットが存在します

また、実際にMEC光を使っている人たちの口コミや評判を見ていても、通信速度が遅いという声が非常に多く上がっている点も気になります。

そこでこの記事では、MEC光のメリット・デメリット、そして実際にMEC光を使っている人たちのリアルな口コミや評判をまとめてご紹介していきます。

この記事で分かること
  • MEC光のメリット・デメリットについて
  • MEC光のリアルな口コミや評判
  • MEC光の代わりに申し込むべき光回線

これらの項目が気になっている人は、ぜひ最後までこの記事をご覧ください。

まず初めにMEC光のメリットから見ていきましょう。

MEC光 公式サイトへ

スポンサーリンク

メリット

この項目では、MEC光のメリットについて解説していきます。

MEC光のメリットは全部で4つあります。

MEC光のメリット4つ
  • IPv6 IPoE版のエキサイト光で通信速度が改善
  • 月額料金が他の光回線よりも安い
  • 契約期間の縛りがない=違約金がない
  • エキサイト光からの移転だと初期費用がおトク

それぞれ解説していきます。

IPv6 IPoE版のエキサイト光で通信速度が改善


画像引用:MEC光

MEC光は「IPv6 IPoE」接続方式を採用しているため、快適な通信速度でインターネットを使うことができます。

難しい用語が出てきたので簡単に解説すると、インターネットへの接続方式には「IPv4 PPPoE」と「IPv6 PPPoE」「IPv6 IPoE」といった様々な種類があります。

MEC光が採用している「IPv6 IPoE」は、一般的にアクセスが集中しやすい平日の昼間や夜間、週末の時間でも回線混雑の影響を受けづらいことが特徴の接続方式です。

かなり難しい話になるので、純粋に「通信速度が速い接続方式」と覚えてもらえればOKです。

IPv4とIPv6、PPPoEとIPoEについてより分かりやすくまとめた解説について知りたい人は、以下の記事をご覧ください。

月額料金が他の光回線よりも安い

光回線月額料金(戸建て)月額料金(マンション)
MEC光4,500円3,500円
ドコモ光5,000~5,400円3,800~4,200円
auひかり3,950~6,800円2,550~5,000円
ソフトバンク光5,200円3,800円
NURO光4,743円1,900~4,743円
BIGLOBE光4,980円3,980円

MEC光の最大の特徴は、何と言っても「月額料金の安さ」です。

上記は主要な光回線との月額料金を比較した一覧表ですが、どの光回線よりも月額料金が安いことが分かります。

そのため、通信速度はそこそこで、とにかく月額料金を安く抑えたいという人に向いている光回線だと言えます。

契約期間の縛りがない=違約金がない

MEC光には、契約期間や最低利用期間といった縛り期間が一切ありません

そのため、いつ解約をしても違約金を支払う必要がないということになります。

格安SIMやポケットWiFiであれば違約金が発生しないプロバイダはいくつかありますが、光回線で契約期間や最低利用期間が設けられていないのは非常に珍しいです。

エキサイト光でも同じく契約期間や違約金は一切ないので、BB.exciteがいかにユーザーファーストであるかが分かりますね。

エキサイト光からの移転だと初期費用がおトク

項目事務手数料
MEC光開通手続き料3,000円
契約事務手数料1,000円
エキサイト光からの移行:無料
転用事務手数料2,000円
エキサイト光からの移行:無料
工事費用戸建て:18,000円
マンション:15,000円
エキサイト光からの移行:無料

いま使っている光回線が「エキサイト光」で、これから「MEC光」に移行する場合、初期費用がおトクになります。

工事費用が必要ないほか、契約事務手数料や転用事務手数料がかからず、MEC光開通手続き料の3,000円だけで移転できるので、初期費用を大幅に節約することが可能です。

エキサイト光と比べると月額料金が140円ほど高くなるのが欠点ですが、それでも通信速度が大幅に改善されるので、エキサイト光の通信速度に不満がある人はぜひMEC光に移転することをオススメします。

デメリット

この項目では、MEC光のデメリットについて解説していきます。

MEC光のデメリットは全部で8個あります。

MEC光のデメリット8個
  • 総合的に見ると通信速度が遅い
  • ポート開放ができないため一部のオンラインゲームには不向き
  • キャッシュバックやキャンペーンが一切ない
  • 新規契約の場合は工事費用が必ず発生する
  • スマホとのセット割がない
  • クレジットカードでしか支払いができない
  • 専用ルーターのレンタルが必須 ※選べるようになりました
  • 解約方法はお問い合わせフォームからの連絡のみ

それぞれ解説していきます。

総合的に見ると通信速度が遅い


Twitter上でMEC光の口コミや評判について見てみると、2019年5月現在においては通信速度が劇的に遅いといった声が非常に多く出てきます。

もともとのエキサイト光も通信速度が遅いことで評判があまり良くなかったこともあるので、通信速度が遅いと困る人は他の光回線を選んだ方が良いでしょう。

ポート開放ができないため一部のオンラインゲームには不向き

MEC光でレンタルできるルーターは「transix」に対応した専用のWiFiルーターです。

transixというのは、IPv4にしか対応していないWebサイトを、IPv6接続で閲覧・利用ができるようにする機能のことで、ほぼ同じ機能の言葉として「v6プラス」があります。

ですが、transixの場合は「ポート開放」をすることができません(v6プラスではポート開放可能です)。

サーバー側でポート開放をしているゲーム(任天堂オンラインサービスなど)であれば設定の必要はありませんが、PS4やPCでのオンラインゲームでは自身でポート開放をする必要があるケースが多いです。

そのため、オンラインゲームをプレイする人がMEC光を利用する場合、自身でルーターを用意する手間がかかります。

キャッシュバックやキャンペーンが一切ない

MEC光では、2019年5月時点でキャッシュバックやキャンペーンが一切行われていません

インターネット回線の新規契約や乗り換えにはキャッシュバックが付きものですが、それが一切ないのは損をしているとも言えます。

他の光回線を選ぶと30,000円以上のキャッシュバックがもらえることも多いので、以下の記事を参考にしてキャッシュバックが受け取れる光回線に変更するのも良い選択だと思います。

新規契約の場合は工事費用が必ず発生する

項目事務手数料
MEC光開通手続き料3,000円
契約事務手数料1,000円
エキサイト光からの移行:無料
転用事務手数料2,000円
エキサイト光からの移行:無料
工事費用戸建て:18,000円
マンション:15,000円
エキサイト光からの移行:無料

いま使っている光回線がエキサイト光以外の場合、MEC光に乗り換えることで工事費用が必ず発生します。

また、多くの光回線では開通工事費を割引するキャンペーンが行われていることが多いですが、MEC光ではそういったキャンペーンが一切ありません。

そのため、新規契約やエキサイト光以外からの乗り換えの場合は初期費用が他の光回線よりも高額となります

スマホとのセット割がない

MEC光にはスマホとのセット割がありません

MEC光を運営しているBB.exciteは、格安SIMの「エキサイトモバイル」も運営していますが、こちらともセット割は行われていません。

もともとの利用料金が安いとはいえ、最近ではセット割がある格安SIMも増えてきているので、それらと比べると見劣りする点と言わざるを得ません。

インターネット回線の乗り換えは、いま使っているスマホとのセット割があるかどうかで決めるべきです。

以下の記事で、スマホとのセット割がある光回線の最安値について解説しているので、興味がある人はこちらもぜひ参考にしてみてください。

クレジットカードでしか支払いができない

MEC光はクレジットカードでしか支払いができません

ドコモ光やauひかり、ソフトバンク光、NURO光では口座振替を選ぶこともできるので、クレジットカードを持っていない人はこれらの光回線を選んだ方が良いでしょう。

専用ルーターのレンタルが必須 ※選べるようになりました

MEC光では、DS-Lite対応の専用ルーターを必ずレンタルする必要がありました

そのため、必ず100円のレンタル料がかかっていたのですが、2019年5月時点ではレンタルの有無を選べるようになりました

MEC光はIPv6に対応していますが、閲覧するWebサイトがIPv6に対応していない場合は接続速度が遅いIPv4でしか接続できないことになってしまいます。

その問題を解消するための技術として「transix(DS-Lite)」に対応した専用ルーターが必要となります。

インターネットにあまり詳しくない人や自身でルーターを用意するのが面倒くさいという場合はレンタルをしてしまった方が良いでしょう。

解約方法はお問い合わせフォームからの連絡のみ

MEC光を解約するためには、MEC光のWebサイトにアクセスして「お問い合わせフォーム」から以下の内容を入力した上で連絡をする必要があります。

解約時の連絡内容
  • お困りごと内容:各種お手続き
  • 件名:excite MEC光-【手続】解約
  • 本文:以下内容を入力
  • 解約工事希望日:

※光回線利用料は日割り計算あり、光オプション利用料は日割り計算なし。
※解約手続きは最短で6営業日必要となります。また、工事内容・工事空き状況により実施可能日は異なります。

  • 各種お客様情報:契約特定・本人確認に使用します。可能な限り多くの情報をご入力ください。

参照:サービス解約手続き【excite MEC光】

電話での解約はできないのでご注意ください。

口コミ・評判まとめ

ここでは、MEC光の口コミや評判についてまとめてご紹介していきます。

2019年5月現在でのMEC光の口コミや評判について見てみると、通信速度が遅いといった声が非常に多く上がっていることが分かります。

サービス開始当初は通信速度が速くて満足、といった口コミが多かったものの、ここ最近では利用者が増えたことによる影響なのかtransixの不具合なのか、通信速度がかなり遅くなっているようです。

光回線で1Mbps以下というのは使い物にならないレベルで遅いので、筆者個人的な見解としては他の光回線を選ぶべきだと主張します。

ここでオススメしたいのが、世界最速の通信速度を誇っている「NURO光」です。

MEC光の代わりに申し込むべき光回線は「NURO光」

NURO光の特徴
  • 通信速度が標準で2Gbps
  • 月額料金が4,743円とMEC光とほぼ同水準
  • 開通工事費40,000円が実質無料
  • ソフトバンクスマホとのセット割がある
  • NURO光専用のルーターやセキュリティサービスが無料

筆者が個人的にオススメするのは、インターネット業界の中でも最速を誇っている「NURO光」です。

NURO光は、標準プランで通信速度が2Gbpsと高速通信に対応していて、月額料金が4,743円とMEC光と同水準の安さで使える光回線です。

また、開通工事費40,000円が実質無料で使える割引ソフトバンクスマホとのセット割があったり、専用ルーターやセキュリティサービスが無料で使えたりと、MEC光にはない部分を網羅していることが特徴です。

さらに、NURO光の公式キャンペーン特設サイトから申し込みをすれば誰でも漏れなく35,000円のキャッシュバックももらえるので非常におトクです。

NURO光については、以下の記事で詳しくまとめているのであわせてご覧ください。

まとめ

MEC光の口コミ・評判 まとめ

  • MEC光の最大の特徴はIPoE対応の光回線で月額料金が安いこと
  • MEC光を使っている人のリアルな口コミは「速度が遅い」と評判があまり良くない
  • 気を付けるべきデメリットが多いがエキサイト光からの乗り換えならアリ

以上、MEC光の口コミや評判、デメリットについて徹底解説してきました。

実際に使っている人のリアルな口コミを見ていても、2019年5月現在においては通信速度が非常に遅いとあまり良く無い評判でもちきりの状態です。

ただし、そこまで通信速度にこだわりがなく、とにかく月額料金を安く抑えたいという人には向いている光回線かな、という印象です。

特に、エキサイト光を使っているなら初期費用を大幅に節約した上で乗り換えることができるのでオススメだと言えます。

反対に、動画視聴やオンラインゲーム、通信速度は速い方が絶対に良い!という人であればMEC光を契約するメリットは一切ないので、当サイトを参考にしてたの光回線をご検討ください。

MEC光 公式サイトへ

スポンサーリンク

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。