メガエッグの速度は遅い?7社の速度と比較しながら解説します!

光回線の申し込みを検討している人の多くが気にされるのが料金、そして速度ではないでしょうか。

しかし、料金については申し込み前に性格な数字を把握することが出来ますが、インターネットの回線速度というものはとても曖昧なもので、しっかりと理解せずに契約をされる方が多いです。

光回線は契約する会社によって速度が異なりますし、本記事の主題であるメガエッグも当然他社とは異なります。

そして回線速度というものはインターネットを快適に利用できるかどうかに大きくかかわってくるポイントでもあります。

メガエッグの回線速度についてしっかりと理解をした上で契約することをオススメします。

スポンサーリンク

回線速度について

まず回線速度の基礎知識について紹介します。

データ通信について、「上り最大◯◯、下り最大◯◯」という表記を見たことがあると思います。

これは通信の向きを表しており、上りはアップロード下りはダウンロードを意味しています。

パソコンから見てデータが上っていく(アップロード)、データが下ってくる(ダウンロード)と考えると分かりやすいですね。

皆さんが気にするのは、動画や楽曲の視聴に関わる下り速度の方だと思います。

以下、目的ごとに必要な回線速度の目安を表で紹介します。

用途必要な速度の目安
WEBサイト閲覧0.5Mbps~1Mbps
SNS閲覧
(Twitter、Facebook)
0.5Mbps~1Mbps
オンラインゲーム1~5Mbps
動画閲覧最低画質:0.5Mbps
標準画質:3Mbps
HD画質:5Mbps
4K画質:25Mbps
8K画質:100Mbps

メガエッグの速度(理論値)

続いては、メガエッグの速度の理論値をご紹介いたします。

プランメガエッグ光ネット ホーム(戸建て)メガエッグ光ネット ホームライト(戸建て)メガエッグ光ネットマンション(集合住宅)
最大速度1Gbps100Mbps1Gbps

以上がメガエッグの理論値です。

ちなみに理論値とは「その回線で理論上出うる最大速度」ということです。

もっと噛み砕いて言うと「公式サイトでうたっている速度」のことですね。

実際に皆さんの自宅で出る速度のことを”実測値”と言います。

これだけではメガエッグの理論値が速いのか遅いのか分かりにくいかもしれません。

そこで、他社の回線速度と比較をしてみましょう。

回線速度
Yahoo!BB(ADSL)最大50Mbps
auのスマホ(4G回線)最大165Mbps
ソフトバンクエアー(4G回線)最大350Mbps
(一部地域では962Mbps)
JCOM(ケーブルテレビ)最大1Gbps
メガエッグ最大1Gbps
光コラボ(NTT回線)最大1Gbps
NURO光最大10Gbps

ADSLの20倍、スマホ回線の10倍近くはやい速度です。

光回線の中で比べると、1Gbpsというのはまぁごくごく標準的な速度と言えるでしょう。

NURO光は速さをウリにしている光回線ですが、残念ながらメガエッグが使える中国地方ではまだ提供されておりません。

メガエッグの実測値

ここまではあくまでも「理論値」の話をしてきました。

ですが理論値だけで語れないのがネット回線です。

最大1Gbpsとうたっていても1Mbpsも出ない、なんてことがザラにあるのが光回線の現実です。

メガエッグの口コミ

そこで、より”実測”に近い数字を知るための指標の一つとして、実際にメガエッグを利用している人たちの口コミを紹介させていただきます。

Twitterの口コミ

価格コムの口コミ

口コミ

【回線速度】
1Gでも速度は出ません。
【ご利用料金】
決して安くはないです
【サービス】
利用無し
【セキュリティ】
利用無し
【サポート】
利用無し
【総合】
特に良い所はないですが、NTTと違ってごり押しすれば開通は早くなります。
そうでもしないと客が逃げるからなのか、何とか早く対応しようとします。
でもいちいち確認して折り返すといった形なので面倒ですが…。
融通が利くという点で評価しました。
他の点で良いことはありません。
引用:価格コム

口コミ

【回線速度】
とても満足しています。他のプロバイダを契約したことがないので他社との比較はできていませんが、特に回線速度については何の障害もなく、問題なく利用できています。
【ご利用料金】
料金は、一般的ではないでしょうか。私が契約した時は、キャッシュバック?があったので、それはとても魅力的でした。
【サービス】
営業の方の印象は大変よかったので、契約させていただきましたが、その後直々光テレビの案内や、様々なサービスについてフリーダイアルから連絡が多いと感じました。
【セキュリティ】
セキュリティのことはよくわかりません。
【サポート】
以前、聞きたいことがあったので、カスタマーセンターに連絡をしたところ、丁寧にお答えいただきました。
【総合】
他社との比較ができておりませんが、家族も現状に満足しているようです。
引用:価格コム

口コミ

【回線速度】至って普通、初めはPC自体の処理能力が激減して速度を遅く感じていたがPCの問題と知り問題無いと判明。至って普通と言えるでしょう。
【ご利用料金】僅かだが安い方だと言えるのではないかな。
【サービス】BBIQのショップがあり、利用出来るが少しお高めと言える。
【セキュリティ】無料のセキュリティソフトが利用出来て有り難い。
【サポート】対応は良いと思う。
【総合】光テレビの勧誘がとても客を馬鹿にした態度(話し方)に怒りを感じて解約、委託先の会社からの勧誘だと思うが責任はBBIQにあり我慢出来なかった。営業の教育も出来ないところを利用する気にはなれない。
ONUと光ケーブルの接続がネジ止めでセキュリティーシールが貼られているため設置後にBOX入れが出来ない、工事前に設置場所を決めておく必要が有る。
光回線としてはプロバイダーも良い方であると考えます。
引用:価格コム

測定サイト

続いては測定サイトでの実測値を確認しておきましょう。

光回線の速度測定ができ、かつ他の人の測定結果も確認できる「みんなのネット回線速度」によると、メガエッグ光は光回線全体の中で3位にランクインしています。

このランキングの傾向として、一部の地域でしか提供されていない光回線や、加入者数が少ない光回線が上位にランクインしています。

光回線に限らず、スマホの回線でもなんでもそうですが、基本的にネット回線というのは「同じ回線を同時に利用する人が多いと混雑して速度低下しやすい」傾向にあります。

昼間は問題なく使えたのに、夜10時くらいから急に遅くなったりするのは、まさにその時間帯から自宅でネットを使う人が増える、というのが原因です。

全国展開しているNTT回線、特にスマホとのセット割が適用されるドコモ光やソフトバンク光は契約者数が多いので、全体として実測値が低いのだと思われます。

最後に

NTTの光回線(特にドコモ光とソフトバンク光)に比べると、メガエッグは実測値としても速度が出やすい傾向にある、ということはご理解頂けたと思います。

そうは言っても、皆さんの自宅でどれくらいの速度が出るかは実際に使ってみるまでは分かりません。

口コミにしろ、測定サイトの結果にしろ、あくまでも他人の実測値に過ぎず、皆さんの自宅での実測値ではありませんから。

ただ、何よりも大事なのは、本記事を通して「理論値の速度が実際に出るわけではない」ということを理解して頂けたことだと思います。

これを理解しているかどうかで

「光回線のくせに遅すぎる」
「思っていたよりも速い」

など、例え同じ速度でも捉え方が変わってきますから。

こういった光回線の現実を理解した上で、あとは料金などに不満がなければ、恐らく現時点でメガエッグはあなたにとっての最適解であるはずです。

皆さんに快適なメガエッグライフが訪れることを祈っております。

それでは。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください