1. ホーム
  2. 回線・プロバイダ比較
  3. ≫NURO光の料金は高い?月額・工事費・解約金を他社と比較【2018】

NURO光の料金は高い?月額・工事費・解約金を他社と比較【2018】

NURO光の月額料金と工事費用と解約金を解説

利用料金回線速度は契約するネット回線を決める上で大きな要素です。

NURO光は高速回線をウリにしていてCM等でもよく宣伝されているので、NURO光の回線速度が他者と比べて優秀であることはご存知の方は多いと思います。

ですが料金面については、他社と比較した場合お得と言えるのでしょうか?

本記事ではNURO光の基本料金工事費用といった料金面について、他社と比較して徹底解説します。

契約を検討している方は、是非参考にして下さい。

初期費用(工事費用)比較

NURO光の工事費用

先に説明してしまうと、今や初期工事費用はどの回線業者もキャンペーンで無料に出来るため、定められてはいるものの考慮しなくて良い部分でもあります。

以下、導入の際の初期工事費用の比較を表で紹介します。

回線 金額
NURO光 【戸建て】
40,000円
【マンション】
40,000円
ソフトバンク光 【戸建て】
18,000円
【マンション】
15,000円
ドコモ光 【戸建て】
18,000円
【マンション】
15,000円
auひかり 【戸建て】
37,500円
【マンション】
30,000円
so-net光 【戸建て】
24,000円
【マンション】
24,000円
DMM光 【戸建て】
18,000円
【マンション】
15,000円
OCN光 【戸建て】
18,000円
【マンション】
15,000円
楽天コミュニケーションズ光 【戸建て】
18,000円
【マンション】
15,000円
BIGLOBE光 【戸建て】
30,000円
【マンション】
27,000円
@nifty光 【戸建て】
18,000円
【マンション】
15,000円

NURO光は回線品質が優れている分、初期工事費用が高額です。

ですが前述したように初期工事費用というのは、今やどの回線でもキャンペーンによって無料に出来るので、特段大きなデメリットとは言えません

懸念するとすれば、NURO光は提供エリアが限定されているため、引越しなどで解約になりやすいという点です。

解約すると、無料扱いだった初期工事費用の割賦の残分を一括請求されるので、その点は初期工事費用が高額なNURO光のデメリットと言えます。

解約の際の違約金に関しては、後述で詳しく解説します。

NURO光の工事内容について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

月額料金比較

NURO光の月額料金

次に、NURO光の毎月の利用料金について表で解説します。

回線 戸建て マンション
NURO光 4,743円 1,900円~2,500円
ソフトバンク光 3,800円 5,200円
ドコモ光 5,000円~5,700円 3,800円~4,200円
auひかり 4,900円~5,100円 3,800円~5,000円
so-net光 5,980円 4,980円
DMM光 4,280円 3,780円
OCN光 6,200円 4,700円
楽天コミュニケーションズ光 4,800円 3,800円
BIGLOBE光 4,980円 3,980円
@nifty光 4,500円~5,200円 3,400円~3,980円

回線速度ばかり目立っていますが、実はNURO光は利用料金もかなり安いです。

建物内の利用者が多いほどマンションタイプは安くなり、一番安くなると月額1,900円で利用できます。

戸建てタイプも光回線の相場から考えると安く、これでさらにセキュリティソフト無線LANルーター込みの値段なのだから驚きですね。

NURO光の戸建てタイプマンションタイプについての詳細はこちらの記事をご覧ください。

スマホ割比較

NURO光のスマホセット割

各回線のスマホとのセット割りを比較して紹介します。

ここまで比較している10社の中には自社の格安SIMとのセット割を展開している企業もありますが、格安SIMでは元々の携帯料金に差がありすぎるため、本記事では3大キャリアのみで比較します。

キャリア 回線 金額
(1人当たり)
金額/最大端末数
ソフトバンク NURO光
・ソフトバンク光
最大1,000円 最大10,000円/10端末
ドコモ ・ドコモ光 最大1,600円 最大3,500円/家族全員
au ・auひかり
・so-net光
・BIGLOBE光
・@nifty光
最大2,000円
(永年934円/月+最大2年間1,066円/月)
最大8,000円/4端末
  • 一人当たりの割引額はau>ドコモ>ソフトバンク
  • 人数分の合計割引額はソフトバンク>au>ドコモ

以上が結果として読み取ることが出来ます。

一人当たりの割引額は3大キャリアの中で一番安いですが、家族全員で同じキャリアを利用しているという方にはソフトバンクスマホのセット割が一番お得ですね。

また、NURO光ソフトバンク光のセットは割引以外にもお得なプランがあります。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

注意事項

NURO光を運営しているソニーネットワークコミュニケーションズは自社で格安SIMのnuroモバイルを展開していますが、なぜかnuroモバイルとのセット割ありません

解約金(違約金)比較

NURO光の解約金

NURO光は提供エリアが限定されているので、引っ越しによる解約が多い回線です。

その際に発生する違約金(解約金)を他社と比較して紹介します。

回線 違約金
NURO光 9,500円
ソフトバンク光 9,500円~15,000円
ドコモ光 13,000円
auひかり 9,500円~15,000円
so-net光 9,500円
DMM光 9,500円
OCN光 11,000円
楽天コミュニケーションズ光 9,500円
BIGLOBE光 9,500円~20,000円
@nifty光 9,500円~20,000円

NURO光の解約金は、比較してみてもそこまで高額ではありません。

ですが、初期費用分割払いにしていたりすると解約時に残分の一括請求がありますし、セット割プランオプションサービス解除料など、実際の解約時には上記以外の思いがけない解約金が発生するかもしれません。

NURO光の解約について、また違約金をゼロにする方法について紹介している記事があるので、興味のある方はそちらもご覧ください。

その他の費用まとめ

NURO光のオプション料金

ここまでの料金以外に、NURO光には「光でんわ」「ひかりTV」といったオプションサービスの料金も存在しています。

プランの月額料金や初期工事費用に比べると微々たるものですが、表で紹介します。

プラン 初期費用 月額料金
光でんわ 3,000円 関東 500円
東海・関西 300円
ひかりTV 無料 1,000~3,500円
(+チューナーレンタル料500円)

今までの各料金に比べると金額としては安いですね。

ただ電話とテレビの利用が多いだけで、こういった有料オプションサービスは上記以外にもあります。

以下の記事で詳しく解説しているので、ご覧ください。

まとめ

NURO光の料金まとめ

以上がNURO光の様々な料金に関してのまとめです。

全体的に見てもNURO光はコスパが良い回線なので、提供エリア内に住んでいる方はソフトバンクスマホとのセット割を利用せずとも、安く快適にインターネットを楽しむことが出来ます。

さらにNURO光は光回線の中でもトップクラスに高額なキャッシュバックを利用することが出来ます。

お得にNURO光の契約を行いたい方は、以下のキャンペーンリンクから申し込みをおすすめします。


スポンサーリンク

シェアする!

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。