1. ホーム
  2. 光回線
  3. ≫【NURO光10Gs/6Gs】新プラン追加!料金や速度まとめ!

【NURO光10Gs/6Gs】新プラン追加!料金や速度まとめ!

2019年3月より提供開始されたNURO光の新料金プラン「NURO光10Gs/6Gs」。

NURO光の10Gs/6Gsプランに申し込むことで、これまで時間がかかっていた大容量データのダウンロードやアップロードを短時間で行うことができます。

さらに、超高画質な動画再生やオンラインゲームも安心して行うことができるので、データ通信に関して「最強」といっても過言ではない光回線だと言えるでしょう。

ですが、NURO光には、

  • 従来プランである2Gbps対応の「NURO光 G2V」
  • マンション専用の「NURO光 for マンション」
  • 似たような名前の「NURO光 10G」

など、他社の光回線と比べるとすでに通信速度が速い料金プランが複数存在します。

そのため、これから契約したい人はどの料金プランを選べば良いのか迷ってしまうでしょう。

そこでこの記事では、NURO光の新料金プランである「NURO光10Gs/6Gs」の概要を解説しつつ、従来プランとの違いを比較してご紹介していきます。

NURO光の料金プランごとのメリット・デメリットをしっかりと把握して、あなたにピッタリの料金プランをお選びください。

スポンサーリンク

NURO光10Gs/6Gsとは?

2019年3月に提供が開始されたばかりの「NURO光10Gs/6Gs」は、個人宅向けの光回線として世界最速1位タイの実績を持っている新しい料金プランです。

通信速度は上り下りともに最大で10Gbps/6Gbpsという驚異的な速度に対応しており、インターネット通信においては「最強最速」と言って差し支えない光回線だと言えます。

その一方で、提供エリアが著しく狭いという大きな欠点があるので、万人が使える光回線ではありません。

NURO光10Gs/6Gs提供エリア
  • 東京都
  • 神奈川県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 福岡県

※上記エリアの一部地域でのみ提供

NURO光の新料金プランについてザックリと理解したところで、これまで提供されていたNURO光の従来プランとの比較について確認していきましょう。

従来のNURO光との違い

従来のNURO光とNURO光10Gs/6Gsの違いとして最も目立つのは最大通信速度です。

プラン名称NURO光 G2VNURO光 10Gs/6Gs
通信速度(下り)2Gbps10Gbps/6Gbps
通信速度(上り)1Gbps10Gbps/6Gbps
月額料金4,743円5,743円/5,243円
初期工事費40,000円60,000円
契約期間2年3年
提供エリア東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、福岡県、佐賀県東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、奈良県、福岡県の一部エリアのみ

「NURO光 G2V」は、下りの速度のみ2Gbpsで上りは他の光回線と同じ1Gbpsまでとなっています。

一方、「NURO光10Gbps/6Gbps」は上り下りともには最大10Gbps/6Gbpsに対応しているので、3〜5倍も通信速度に差があります。

他の光回線と比べると、従来プランの2Gbpsでも十二分に快適な通信速度ですが、10Gs/6Gsプランはそれ以上の通信速度で動画視聴やオンラインゲームを楽しめます。

4Kや8Kといった高画質動画など容量のデータ通信を行う機会はどんどん増えてくることが予想できるので、上りも下りも爆速の「10Gs/6Gsプラン」は理論上最強の料金プランだと言えます。

なお、従来プランと比べると月額料金が異なる点以外にも、契約期間が3年間という違いがあります。

また、従来プランで申し込みができるエリアに住んでいたとしても、10Gs/6Gsプランでは提供エリア外となる場合があるので、予めご了承ください。

NURO光10Gとの比較

名前が似ている「NURO光10G」と「NURO光10Gs/6Gs」ですが、最大通信速度や月額料金、提供エリアに違いがあるので注意が必要です。

プラン名称NURO光 10GNURO光 10Gs/6Gs
通信速度(下り)10Gbps10Gbps/6Gbps
通信速度(上り)2.5Gbps10Gbps/6Gbps
月額料金6,480円5,743円/5,243円
初期工事費40,000円
(30か月分割)
60,000円
(60か月分割)
契約期間2年3年
提供エリア東京都、神奈川県、静岡県、大阪府、兵庫県、奈良県の一部エリアのみ東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、奈良県、福岡県の一部エリアのみ

「NURO光10Gs/6Gs」は、上り下りの通信速度が同じ10Gbps/6Gbpsです。

それに対して、「NURO光10G」は、下りの速度は最大10Gbpsですが、上りは最大2.5Gbpsと差があります。

また、月額料金に関しては「NURO光10Gs/6Gs」の方が700円ほど安く利用することができます

工事費に関しては、どちらのプランも工事費と同等の割引が受けられるので実質0円でNURO光を使えますが、分割支払い回数と契約期間にズレがある点には注意しましょう。

XGS-PON規格、XG-PON規格とは?

NURO光10Gs/6Gsの驚異的な通信速度の秘密ともいえる「XGS-PON規格」。

XGS-PONとは、光ファイバーを分岐して複数の加入者住宅に引き込む伝送規格である「G-PON」の最新版ともいえる伝送技術のことです。

XGS-PONとXG-PONの違いまとめ
  • XGS-PON:XG-PONの後継ともいえる最新技術で、上下ともに最大10Gbpsの高速通信が可能
  • XG-PON:NURO光10Gに採用された、下り10Gbps/上り2.5Gbpsに対応した伝送規格

もともと、NURO光10Gには「XG-PON」という伝送規格が採用されており、XG-PON+専用ホームゲートウェイを採用したことで、下り10Gbps/上り2.5Gbpsという超高速通信を可能としていました。

ですが、XG-PONでは技術的なコストとマーケティング的な要因が相まって、上り2.5Gbpsまでの速度にしか対応することができませんでした

その問題を解決するため、XG-PONの後継ともいえる新しい伝送規格が「XGS-PON」です。

XGS-PONでは、上下ともに最大10Gbpsという驚異的な超高速インターネットを安価な値段で利用できるようになりました。

NURO光は、最新技術である「XGS-PON」を取り入れ、それに加え専用のホームゲートウェイを採用したことで、世界最速1位タイの超高速インターネットを使うことができるようになったのです。

回線速度

続いて、NURO光10Gs/6Gsの回線速度を見ていきましょう。

通信速度(下り)通信速度(上り)
NURO光10Gs/6Gs10Gbps/6Gbps10Gbps/6Gbps
NURO光10G10Gbps2.5Gbps
NURO光 G2V
NURO光 for マンション
2Gbps1Gbps

NURO光で選べる料金プランの通信速度を一覧表にしてまとめました。

これまでのNURO光プランとは異なり、上下ともに10Gbps/6Gbpsの超高速通信が可能となりました。

そのため、高画質の画像や動画のアップロードや、オンラインゲームなど複数人で負荷のかかるゲームもストレスなく快適にプレイすることができます。

ただし、従来プランの2Gbpsでも十分快適な速度でアップロードやオンラインゲームをプレイすることはできます。

2Gbpsの「NURO光 G2V」の通信速度に関する口コミを見ていても、非常に速いという声が多く上がっています。

ご覧のように、通信速度に満足している口コミは非常に多いです。

NURO光10Gs/6Gsプランは提供エリアが狭く、月額料金も高くなるため、普通にインターネットを使う分には従来プランの「NURO光G2V」を選んだ方が良いでしょう。

利用料金

続いて、NURO光10Gs/6Gsの利用料金を確認していきます。

NURO光10GsNURO光6Gs
月額料金5,743円5,243円
初期工事費60,000円
(60か月分割)
60,000円
(60か月分割)
契約期間3年3年
違約金20,000円20,000円

10Gsプランと6Gsプランとで異なる点は月額料金のみです。

初期工事費は一括で支払う場合は60,000円、分割で支払う場合は60回払いとなります。

ただし、NURO光10Gs/6Gsプランは「3年契約(37か月目が更新月)」であるため、更新月と分割支払い完了月にズレが生じます

つまり、最初の更新月でNURO光10Gs/6Gsプランを解約すると、工事費の残債として約23,000円程度の費用が発生してしまうということです。

これによりどんな問題が起こるかというと、引っ越しをする場合です。

NURO光では引っ越しの際に「移転手続き」ができないため、引っ越し先でNURO光を継続利用したい場合においても、必ず一度解約しなければなりません。

この際、更新月でなければ当然違約金は発生しますし、工事費の残債が残っていればしっかりと請求されることになります。

そのため、

  • 一度契約したインターネット回線を乗り換えることはない
  • 契約してから5年以内に引っ越す予定はない

という確固たる自信がある人であれば選んでも良いですが、基本的には「NURO光G2V」を選ぶことをオススメします

提供エリア

2019年6月時点で、NURO光10Gs/6Gsプランが提供されているエリアは以下の通りです。

NURO光10Gs/6Gs提供エリア
  • 東京都
  • 神奈川県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 福岡県

※上記エリアの一部地域でのみ提供

ご覧の通り、提供エリアはかなり狭いです。

そのため、NURO光10Gs/6Gsプランを使いたいと思っても使える人はかなり限られており、月額料金や工事費の面を考えると通常の「NURO光G2V」を選んだ方が良いと言えます。

なお、2019年3月28日に大阪や福岡といった関西・九州エリアでも提供されるようになったばかりなので、今後もエリアは拡大していくことが予想されます。

どうしても10Gs/6Gsプランを使いたいという人は、エリアが拡大されるのを待ちましょう。

まとめ

NURO光10Gs/6Gsプラン まとめ!

  • NURO光10Gs/6Gsプランは上下ともに10Gbps/6Gbpsと超高速通信が可能
  • 月額料金は5,743円と他の光回線よりもほんの少しだけ高い
  • 契約期間(3年)と工事費の分割支払い回数(60回)のズレに注意!

NURO光10Gs/6Gsは、従来のNURO光G2Vより5倍も速い通信速度に対応しており、世界最速1位タイを誇っている新料金プランです。

超高速通信が可能でありながらも、月額料金は5,743円と他の光回線より若干高い程度の安価な価格であることが特徴です。

ただし、提供エリアが著しく狭い契約期間と工事費分割支払い回数にズレがある、という二つの大きな欠点を併せ持っています。

また、「NURO光G2V」でも他の光回線の2倍の通信速度が出るので、基本的には10Gs/6Gsプランよりも従来プランを選ぶことをオススメします。

NURO光を申し込むならココ!

NURO光は、代理店も含めると非常に数多くの申し込み先が存在します。

その中でも当サイトが自信をもって「オススメ!」と言えるのは、NURO光が公式で行っている「キャンペーン特設サイト」です。

オプションに申し込む必要が一切なく、誰でも漏れなく35,000円のキャッシュバックを受け取ることができ、公式サイトから申し込みができるという安心感があります。

他にもNURO光に申し込みができるWebサイトは数多く存在しますが、オプション加入が必須であることが多いので月額料金が高くなってしまいます。

その点、キャンペーン特設サイトでの申し込みならその心配がないので、安心してお申し込みください!

スポンサーリンク

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。