1. ホーム
  2. 光回線
  3. ≫NURO光のONU・モデム・ルーターを徹底解説します!

NURO光のONU・モデム・ルーターを徹底解説します!

NURO光のONUはひとつあるだけで様々な役割を果たしてくれます。

その為、無線LANルーターを自分で購入したりホームゲートウェイをもう1台用意する必要がなく他の光回線と比べてNURO光のONUは利便性に優れています。

しかしNURO光では工事の際にランダムでONUが設置されるため自分でONUの機種を選択する事は出来ません

なので、仮に旧型のONUが届いてしまった場合、NURO光の最大の魅力である高速通信が出来ない事があります。

それでは旧型のONUが設置されてしまった場合、どうしたら良いのでしょうか?

という事で本記事では、NURO光が提供するONU・モデム・ルーターについて解説し、高速通信を実現する為の方法を紹介していきます。

「NURO光のONUの調子が悪くて、スマホが接続しづらい!」と言った人も、ぜひ参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

ONU・モデム・ルーターの違い

まず「ONU・モデム・ルーター」それぞれの違いについて解説しましょう。

ONUとは

ONUとは、回線終端装置という名称の機械の事を言います。

ONUは「光回線」を使用してインターネットに接続をします。

私たちが使っているパソコンをインターネットに接続する為には
「パソコン→Wi-Fiルーター→ONU→インターネット」という順になります。

近年では「光回線」が主流となっているので基本的にONUを使用してインターネット接続を行います。

ONUはLANケーブルを使ってパソコンと接続することで、Wi-Fiルーターがなくてもインターネットに接続することが可能です。

モデムとは

モデムとは「電話回線」を使ってインターネットに接続するものです。

私たちが使っているパソコンをインターネットに接続するためには
「パソコン→Wi-Fiルーター→モデム→インターネット」という順になります。

ONUは「光回線」を使用してインターネットに接続するのに対して、
モデムは「電話回線」を使用してインターネットに接続をします。

パソコンとモデムをLANケーブルでつなげばWi-Fiルーターがなくてもインターネットに接続できます。

電話回線を使ってインターネット接続を行う為、厳密には光回線とはまったく関係のない名称ですがモデムとONUを同じ意味で使う工事事業者の方もいます。

現在、光回線が主流となるのでこのモデムを利用する事はほとんどありません。

ルーターとは

次にルーターとは、よく聞く「Wi-Fiルーターおよび無線LANルーター」の事を指します。

Wi-Fiルーターだけではインターネットに接続することは出来ません

このWi-FiルーターをモデムやONUとパソコンの間にはさむだけで、Wi-Fi接続が可能となり、同時に複数の機器をつないでインターネットに接続する事が出来ます。

最近では「ONU」と「ルーター」が一体化している機種もあるため、必ずしも2台の機械が必要というワケではありません。

ホームゲートウェイとは

ホームゲートウェイとは、光電話に対応したルーターのことを指します。

光電話とは光回線を使用した光IP電話のことで電話料金を安く抑えることができるので、人気の固定電話サービスです。

ホームゲートウェイには「ONU機能+Wi-Fiルーター+光電話対応」と言った全ての機能を兼ね備えているルーターも存在します。

ちなみにNURO光で光電話を利用するのであれば、別途TA(テレフォーニー・アダプター)が必要となります。

NURO光のONU

光回線にはNURO光以外に、KDDIが提供する「auひかり」がありますが、
auひかりでは「auひかりホーム」に申し込んだ場合、ONUとホームゲートウェイが別個で設置され、またWi-Fiでインターネットを利用したい場合は自分でWi-Fiルーターを購入して用意しなければいけません。

対してNURO光が貸し出すONUは、一つあるだけで

  • ONU機能
  • 無線LANルーター
  • 光電話対応
  • NAS機能(一部の機種除く)

の全てに対応しているので機能性に優れている事が分かります。

また、わざわざ自分でWi-Fiルーターを用意する必要はないので料金がかかる事もありません。

※「HG8045j」もNAS化に対応していますが、FTP対応のみとなるので注意してください。

またNURO光のONUにはUSBポートを使用する事で「NAS機能」を利用する事が出来ます。

NAS機能(Network Attached Storege)とは、ネットワークに接続して利用するハードディスクの事です。

NURO光のONUにUSBハードディスクやUSBメモリなどを挿して、写真や動画などのファイルを家族で共有・保存出来ます。

NURO光のNASには

  • FTP(ネットワーク上でファイルの転送を行う事が出来る)
  • DLNA(テレビ、プリンター、パソコン、スマホ等をホームネットワークに繋いで動画、写真、音楽を再生する事が可能。例えば、パソコンに保存している動画や写真をテレビで見る事が出来る)
  • Samba(Linux等のOSを使用している人がWindowsのファイルを共有出来る)

と言った機能が搭載されています。

公式サイトには「NAS機能」については書かれていないので、ある意味「オマケの機能」と捉えてもらっていいでしょう。

ONUの注意点と交換方法

ONUは選べない!

NURO光で提供するONUは一つあるだけで、様々な役割を果たしてくれるというのは分かったかと思います。

しかし、NURO光のONUは基本的に工事事業者がランダムで持ってくる為、選択する事が出来ません。

例えば、無線LANルーターはこれまで「11n」という無線LAN規格が使われてきましたが、現在では高速無線LAN規格「11ac」と呼ばれる新しい通信規格が主流となっています。

しかし工事事業者が旧型の「11n」のONUを持ってくる可能性があります。

11acは11nと比べて回線速度が約11.5倍となり大きく異なります。

  • 11ac=最大通信速度下り1.3Mbps以上
  • 11n=最大通信速度下り450Mbps

また、NURO光の公式サイトにも

無線接続の場合は通信規格 IEEE802.11ac における通信で最大 1.3Gbpsとなります。
引用:NURO光

と書かれています。

つまり「よし!高速通信希望だからNURO光にするぜ!」と契約しても、届くONUによってポテンシャルが決まるので
450Mbpsしか出ない人もいれば1.3Gbps以上出る人もいると言う事です。

なので、旧型のONUが設置されてしまった人はNURO光の最も魅力的である高速通信が実現出来ません。

しかし、改善策はあります。

旧型のONUが届いた場合であっても最新型のONUに交換出来ます。

交換方法

口コミを確認してみると、旧型のONUが届いてから最新型のONUに交換している方がいます。

実際にNURO光では申し込み時にONUの選択は出来ませんが、希望のONU以外が設置された場合はNURO光サポートセンターの窓口にお問い合わせをすれば無償交換が可能です。

なので、まず工事事業者がONUを持ってきたら、すぐにONUの機種(無線規格)を確認する事が大切です。

ONUの機種名は側面にシールが貼っているかと思いますので、そこで確認する事が出来ます。

11acに対応しているのは「ZXHN F660A」「HG8045Q」となりますので、それ以外の機種は交換してもらいましょう。

交換をする際は、NURO光サポートデスクに連絡をして「交換希望」を伝えれば対応してもらう事が出来ます。

NURO光のサポートデスク
0120-65-3810
受付時間:9時〜18時

それでも回線速度が遅い場合

また「11ac」は電波干渉しづらく高速でインターネットを利用出来ますが、例えばONUを設置している1階の部屋から2階の遠い部屋では壁が障害物となり電波が弱く回線速度が遅い場合があります。

無線LANルーターが飛ばせる電波には距離的な限界がある為、こういった問題が生じます。

しかし、こういう問題を解消する場合「中継器」を設置する事で改善出来ます。

中継器をONUの電波が届く範囲内に設置することで、親機であるONUの電波を受信した中継器が更に電波を発信するようになり、より遠くまで電波を飛ばす事が出来るようになります。

なので「NURO光にして、11ac対応のONUに交換してもらったのに回線速度が遅い!」と感じるなら中継器の購入を検討してみて下さい。

ちなみに中継器を購入する場合はONUの無線規格と同じ「11ac対応」のものを選択しましょう!

まとめ

NURO光のONUには「ホームゲートウェイ」「無線LAN」「NAS」と言った様々な機能がついていますが、申し込み時に自分でONUの機種を選択する事は出来ません。

その為、旧型のONUが届いた場合高速通信でインターネットを楽しむ事は出来ません。

もしも旧型のONUが届いた場合は、手間はかかりますが交換する事が出来ますので、必ず工事事業者が持ってきたONUの機種を確認し交換手続きを行いましょう!

スポンサーリンク

シェアする!

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。