1. ホーム
  2. 雑記
  3. ≫OCN光の損をしない解約方法を解説!違約金は不要?

OCN光の損をしない解約方法を解説!違約金は不要?

OCN光光解約の解約手続きって面倒ですよね。

また、手続きを進めていく中で高額な違約金がかかることを知って、解約を諦めてしまう方もいると思います。

ですがその高額な解約金の負担額を減らす方法があることを知っていますか?

むしろプラスにすることも可能なお得な方法で、公式サイトでは紹介されていません

当記事では一般的な解約方法や手順と共に、OCN光で確実に損をしない解約方法をご紹介します。

解約方法や違約金について、是非当記事を参考にしてください。

スポンサーリンク

OCN光を解約するための手順

まずはOCN光を解約するための通常の手順を紹介させていただきます。

解約メニューについて

OCNのサービスの中でひかりTVやメールサービス等の特定のオプションのみを解約したい方は、解約を希望しているサービスを対象とした「○○を解約」になり、OCN光の全てのサービスを解約したいという方は「契約している全てのOCNサービスの解約」となります。

電話・WEBで解約手続き

OCN光を解約する方法として、

  • 電話で解約する
  • Webサイトで解約する

以上の2つの方法があります。

それぞれについて簡単に解説します。

OCNカスタマーズフロント 電話で解約手続き

電話で解約する場合、OCNカスタマーズフロント 0120-506-506 へ電話します。
年中無休10時から19時の間で受付をしています。

ナビダイヤルで通話後「1」「2」「1」「2」の順番で番号を入力するとスムーズにオペレーターに繋がります。

  • Nから始まる10桁のお客さま番号
  • 認証ID
  • 認証パスワード

以上の3つの情報を確認しておきましょう。

教えてもらいながら手続きの進めたいといった方におすすめです。

Webサイトから解約手続き

公式サイトから解約手続きを行う際の窓口です。

電話で解約する場合と同じく

  • Nから始まる10桁のお客さま番号
  • 認証ID
  • 認証パスワード

を確認しておきましょう。

一人で落ち着いて手続きを進めたい方はこちらから。

撤去工事

基本的にNTT回線では撤去工事は行われませんが、居住関係によっては撤去工事が必要なことがあります。

その場合は解約手続き後に「〇日の〇時~〇時の間に伺います」と事前連絡が来るので、立ち合いのために予定を開けておきましょう。

工事の仕方によって撤去工事費用がかかりますが、それを回避しようと撤去を個人で行うことはトラブルの原因になるので注意です。

レンタル機器の返却

工事不要な場合はNTTから返却キットが届きます。

案内に従ってレンタルしていた通信機器(ONU、ルーター)を返却します。

また、機器が破損していたり最終的に未返却の場合は未返却違約金を請求されるので気を付けましょう。

撤去工事があった場合は撤去に携わった作業員の方が機器を回収してくれます。

では、以下からOCN光でかかる違約金・解約金を説明します。

OCN光の違約金・解約金

OCN光を解約する際、違約金・解約金が発生する場合があります。

発生する要因として、

  • 初期費用(工事費)の分割支払いが残っている
  • 年間契約のプランに加入している
  • オプションサービスに加入している

が挙げられます。

解約前に自身の契約内容をしっかり確認しましょう。

もしかしたら今すぐに解約しないと思った以上にお金がかかるかもしれません。

以下からタイプ別に解約金・違約金をまとめます。

ホームタイプ(戸建て住宅)の解約金

内容 期間 解除料金
(違約金)
初期費用分割
(18,000円割賦)
新規契約 初回3,000円
500円×30ヶ月
残分を一括請求
乗り換え 初回1,600円
200円×30ヶ月
残分を一括請求
契約プラン 定期更新有り 2年自動更新 11,000円
定期更新無し 無し 0円
オプションサービス おまかせマルチパック 最低利用期間2年 4,000円

マンションタイプの解約金

内容 期間 解除料金
(違約金)
初期費用分割
(15,000円割賦)
新規契約 初回3,000円
400円×30ヶ月
残分を一括請求
乗り換え 初回1,600円
200円×30ヶ月
残分を一括請求
契約プラン 定期更新有り 2年自動更新 11,000円
定期更新無し 無し 0円
オプションサービス おまかせマルチパック 最低利用期間2年 4,000円

解約金はいくらかかる?

解約の際に必要なお金は出来るだけ削減したいですよね。

OCN光で解約金を発生させないようにするには、

  • 初期費用の分割支払い状況
  • プランの契約状況

この二点が重要になってきます。

例えば、

ホームタイプの「定期契約プラン(2年更新)」を契約し、「初期費用は分割30回払い」「おまかせマルチパック」も契約した状態で、「一年間」利用して解約

といった状況だと、

違約金計算

・初期費用分割金 30ヶ月‐12ヶ月=残18か月分×500円=9,000円
・定期契約プラン(2年更新)違約金 11,000円
・おまかせマルチパック解約金 4,000円

となり、合計24,000円の一括払いがOCN光を解約するのに必要になります。

他社での一年間の違約金と比較すると安いと感じますが、できる限り出費は減らしたいですよね。

「今すぐOCN光を解約したいし、違約金も減らしたい!」なんて考えてしまう気持ちも分かります。

なので以下からOCN光で損をしない解約法をご紹介します。

解約金を無くす方法

OCN光の解約金を無くす方法として、

  • 更新月に解約を行う
  • 他社への乗り換えキャッシュバックを利用する

以上の2つがあります。

ですが当ページをご覧になっている方は、更新月以外の解約を考えているなど、すぐにOCN光の解約をしたいといった方が多いと思います。

なので以下から、乗り換えることでOCN光の違約金の負担額を少なくできるおすすめのプロバイダをランキング形式で紹介します。

おすすめ乗り換えプロバイダ

1位 ソフトバンク光

ソフトバンク光
5
回線ソフトバンク光(フレッツ光)
プロバイダソフトバンク光
回線速度最大1Gbps
月額料金3,800~5,200円
違約金減額10万円
ソフトバンク光

ソフトバンク光が行う「あんしん乗り換えキャンペーン」は他社から乗り換える場合、そこで発生した違約金や撤去工事費用を合わせて10万円まで還元してくれるサービスです。10万円あればOCN光で発生する解約にかかるお金をゼロに出来て、さらにNTTの回線であるため提供エリアが広いので、どの地域のユーザーに対しても違約金のカバーが出来ます。auひかりにキャッシュバック金額は劣っていますが、OCN光と同じ光コラボなので乗り換えも容易であるという点と、前述した提供エリアの広さを考慮して一位にランクインしました。確実に違約金をゼロにしたいならばソフトバンク光が最適です。

2位 auひかり

auひかり so-net
乗り換えによる違約金負担!
auひかり so-net
4.5
回線auひかり
プロバイダso-net
回線速度最大1Gbps
月額料金2,700~4,900円
違約金減額3万円

auひかりに他回線から乗り換えを行うと「auひかりスタートサポート」というサービスを受けることが出来ます。これにより他社で発生した違約金を最大30,000円還元してもらえて、さらにプロバイダや代理店のキャッシュバックと合わせることで最大80,000円前後まで補うことが出来るので、OCN光の解約にかかった違約金をゼロどころかプラスに出来ます。
キャッシュバック金額は高いですが、提供エリアに限りがある点でソフトバンク光に次いで二位にランクインしました。提供エリア内に住んでいて、高額キャッシュバックを受けたい方はauひかりが最適です。

3位 NURO光

NURO光
速度重視の人におすすめ!
NURO光
4.3
回線NURO光
プロバイダNURO光
回線速度最大2Gbps
月額料金4,743~7,124円
違約金減額35,000円

乗り換えも簡単で、違約金を無くしさらに高額キャッシュバックを得たいなら1位のauひかりを利用し、auひかりの提供エリア外で違約金を無くしたいならば2位のソフトバンク光を利用で、違約金について悩む方のほとんどをカバーできるのですが、2社に次いでさらにおすすめするとしたらNURO光です。ソフトバンクスマホ以外とのセット割りは無いですし、違約金負担等のサービスも行っていませんが、NURO光は光回線の中ではauひかりに次ぐ高額なキャッシュバックを実施しているので3位にランクインしました。「違約金も減らしたいけど、どうせ乗り換えるなら新しい回線にしたい」という方に、標準プランで2Gbpsの高速通信ができるNURO光はおすすめです。
提供エリアはauひかりと同じく限定されていますが、エリア内ならば是非契約を検討しましょう。

乗り換え先別 解約金・違約金減額一覧表

おすすめの乗り換え先3社をランキング形式で紹介しましたが、結局のところ気になるのは実際乗り換えることでいくら違約金を減額できるのか?という点です。

なので以下に、3社ごとの違約金負担額を表で紹介します。

ちなみに例として出すOCN光の契約状況としては、

  • 定期契約(2年更新)プラン加入
  • オプションサービスおまかせマルチパック利用中
  • 初期費用500円×30か月分割払い中

以上をホームタイプで全て更新月以外での解約をした場合の計算します。

定期契約は2年更新ですが、初期費用の分割払いが30ヶ月なので、次に更新期間が訪れる4年後までの違約金負担額を表にまとめます。

負担額は各プロバイダごとのキャッシュバック額も反映しており、計算に用いた当ページ限定の一番条件の良いキャンペーンリンクも掲載するので、是非ご活用してください。

乗り換え先 利用期間 キャンペーンリンク
~半年 ~1年 ~1年半 ~2年 ~3年
ソフトバンク光 +13,000円 +13,000円 +13,000円 +13,000円 +13,000円 公式HP
auひかり +50,000円 +50,000円 +50,000円 +50,000円 +50,000円 公式HP
NURO光 +8,000円 +11,000円 +14,000円 +32,000円 +24,000円 公式HP
乗り換え無し ‐27,000円 ‐24,000円 ‐21,000円 ‐3,000円 ‐11,000円

元々OCN光の違約金が少ないこともあってか、3社とも契約初期の解約でも違約金をプラスにまで持っていけます。

紹介した以外の光コラボに乗り換えを行っても、ほとんどのプロバイダが二年以上経たなければ違約金をゼロに出来ないため、やはり今回おすすめした3社が乗り換えに最適だといえます。

エリアに縛られず確実に違約金をゼロにしたいならソフトバンク光を、
提供エリア内で高額キャッシュバックを狙うならauひかりを、
新しい回線でインターネットを楽しみたいならNURO光を選択しましょう。

まとめ

以上がOCN光の損をしない解約方法です。

OCN光の解約を検討しているという方は、そもそもどうしてOCN光と契約していたのでしょうか?

セット割が使えるOCNモバイルONEを利用していた方が多いと思いますが、
もしかしたら家電量販店などで一方的におすすめされて、よく分からず契約してしまった方もいるかもしれません。

いずれにしても解約の原因は、「自分に合わなかった(合わなくなった)」ということですよね。

今回は違約金を無くすという点でおすすめの乗り換え先を紹介しましたが、本来自分にピッタリな光回線はどうやって選ぶべきなのか。

分からないといった方は是非、以下の記事を参考にしてください。

スマホキャリア別・地域別におすすめの回線や、回線契約が面倒な方へおすすめのポケットWi-Fiを紹介しています。

契約時にお得だから、勧められたから、といってプランに加入するのではなく、しっかり今後を見据えて自分に合った回線・プランで契約することが大切です。

スポンサーリンク

シェアする!

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。