1. ホーム
  2. 回線・プロバイダ比較
  3. ≫OCN光の料金は高くて損をするって本当?月額・工事費・解約金を他社と比較!

OCN光の料金は高くて損をするって本当?月額・工事費・解約金を他社と比較!

日本全国でサービスが提供されている「OCN光」。

NTTグループが運営する光回線だということで気になっている方も多いでしょう。

ですが、OCN光の料金について調べてみると、

  • OCN光の料金は高い
  • OCN光は損をする
  • OCN光よりも他の光回線の方が良い

という口コミや評判がたくさん出てきます。

せっかくインターネット回線を乗り換えるなら、絶対に失敗や損なんてしたくないですよね。

そこでこの記事では、OCN光の月額料金・初期工事費・解約金といったお金に関する項目を徹底的に他社と比較してまとめました。

この記事でわかること
  • OCN光の料金は他の光回線と比較して高いのか安いのか
  • OCN光の初期費用や解約金は他社と比べてどうなのか
  • OCN光のセット割は他のキャリアと比べてお得なのか
  • 結果的に、OCN光を契約しても損することがないのか

OCN光の料金に対して上記のような疑問がある方は、この記事を最後まで読むことですべての疑問点が解決するかと思います。

インターネット回線の乗り換えを検討中の皆様のお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

初期費用比較

まずは、OCN光の初期費用を他の光回線と比較していきます。

以下の比較表をご覧ください。

光回線初期費用
OCN光 【戸建て】
18,000円
【マンション】
15,000円
NURO光【戸建て】
40,000円
【マンション】
40,000円
auひかり【戸建て】
37,500円
【マンション】
30,000円
ドコモ光【戸建て】
18,000円
【マンション】
15,000円
ソフトバンク光【戸建て】
24,000円
【マンション】
24,000円
So-net光【戸建て】
24,000円
【マンション】
24,000円
DMM光【戸建て】
18,000円
【マンション】
15,000円
楽天コミュニケーションズ光 【戸建て】
18,000円
【マンション】
15,000円
BIGLOBE光【戸建て】
30,000円
【マンション】
27,000円
@nifty光 【戸建て】
18,000円
【マンション】
15,000円

OCN光の初期費用は、戸建てタイプで18,000円・マンションタイプで15,000円の工事費用が発生します。

他社と比べると高くもなく低くもなく、平均的な金額だと言えます。

しかし、他の光回線では新規契約時の工事費用が無料になるキャンペーンを行っていることが多いですが、OCN光は2019年7月現在で一切キャンペーンを行っていません

そのため、金額的には平均的であるものの、実際には支払う料金が高いという状況となっています。

また、上記以外に事務手数料3,000円、土日祝日に工事日を指定した場合はさらに3,000円の手数料が発生するので覚えておいてください。

なお、いま使っている固定回線がフレッツ光の場合は、事務手数料3,000円だけでOCN光に乗り換えられる「転用手続き」ができます

また、光コラボをすでに使っている人の場合も事務手数料3,000円でOCN光に乗り換えられる「事業者変更」が可能です。

転用手続きの手順や事業者変更の注意点について知りたい方は、以下の記事で詳しくまとめているのであわせて参考にしてみてください。

月額料金比較

続いて、OCN光の料金と他の光回線を比較していきます。

光回線戸建てマンション
OCN光5,100円3,600円
NURO光4,743円1,900~2,500円
auひかり4,900~5,100円3,800~5,000円
ドコモ光5,000~5,200円3,800~4,200円
ソフトバンク光5,200円
3,800円
So-net光5,980円4,980円
DMM光4,280円3,780円
楽天コミュニケーションズ光4,800円3,800円
BIGLOBE光4,980円3,980円
@nifty4,500~5,200円3,400~3,980円

OCN光の料金は、戸建てタイプで5,100円・マンションタイプで3,600円です。

上記の比較表を見ると、他の光回線と比べて平均から若干高めの金額だと言えます。

OCN光を契約するとOCNの各種サービスが使えるようになります。

ただし、ドコモ光でいう「dポイント」やソフトバンク光の「Yahoo!プレミアム無料」といった、OCN光ならではの特典は残念ながらありません

正直にお伝えすると、

  • いままで使っていたプロバイダがOCNである人
  • OCNドメインのメールアドレスが使えなくなると困るという人

以外は、OCN光を契約するメリットはほぼほぼないと言えるでしょう。

同じNTTグループが運営しているドコモスマホとのセット割や、dポイントが貯まるなどの特典があれば嬉しいところですが、そういう訳ではないので他の光コラボを選んだ方が良さそうです。

スマホ割比較

OCN光を運営している「NTTコミュニケーションズ」は、格安SIMの「OCNモバイルONE」を運営しています。

そのため、OCN光とOCNモバイルONEをセットで使うことで、「OCN光モバイル割」というセット割が使えるようになります。

利用料金
OCN光戸建てタイプ:5,100円
マンションタイプ:3,600円
OCNモバイルONE音声SIM 3GB:1,800円
セット割‐200円
合計金額戸建てタイプ:6,700円
マンションタイプ:5,200円

OCN光モバイル割を使うことで、普通に使っていても安いOCNモバイルONEの利用料金が毎月200円も割引されます。

そのため、OCNでスマホとネットをまとめると戸建てタイプで6,700円前後・マンションタイプで5,200円前後と、通信費を大幅に節約することができます。

なお、大手携帯キャリアのスマホセット割の方が割引金額は大きいですが、元々の利用料金が高いため、基本的にはOCN光+OCNモバイルONEの組み合わせの方が安く使えます

携帯キャリア光回線割引金額
(1人あたり)
割引金額
(最大端末数)
au・コミュファ光
・auひかり
・So-net光
・BIGLOBE光
・@nifty光
最大2,000円割引最大8,000円割引
(4端末まで)
ドコモ・ドコモ光最大1,600円最大3,500円
(家族の中で1台)
ソフトバンク・NURO光
・ソフトバンク光
最大1,000円最大10,000円
(10端末まで)

大手携帯キャリアのセット割は、光電話に加入する必要があるなどの条件が付いていますが、OCN光の場合は条件がありません

セット割の申し込み手続きをすれば誰でも受けられるので、OCNモバイルONEユーザーであればメリットが大きい光回線だと言えます。

ですが、2019年7月現在では、他の格安SIM+他の光回線で適用可能なセット割が多くなってきているので、無理にOCNへスマホとネットをまとめる必要はないかと思います。

以下の記事で、格安SIMとのセット割がある光回線をまとめているので参考にしてみてください。

解約金比較

続いて、OCN光の解約金を他の光回線と比べて見ましょう。

光回線解約金(違約金)
OCN光 11,000円
NURO光9,500円
auひかり9,500~15,000円
ドコモ光13,000円
ソフトバンク光9,500円 or 15,000円
So-net光20,000円
DMM光9,500~19,000円
楽天コミュニケーションズ光 9,500円
BIGLOBE光9,500~20,000円
@nifty光9,500~20,000円

OCN光の解約金は、戸建てタイプ・マンションタイプどちらも11,000円です。

OCN光は2年契約なので、2年ごとの更新月であれば上記の解約金は発生しません

また、OCN光はフレッツ光回線を流用している「光コラボレーション回線」なので、解約時の撤去工事は必要ありません

ただし、賃貸マンションやアパートで壁に穴を開けて光ファイバーケーブルを通した場合などは上記とは別に10,000円前後の工事費用が発生する場合があります。

以下の記事で、OCN光の損をしない解約方法についてまとめているので、予備知識としてご確認ください。

その他の費用

OCN光には、快適にインターネットを使うためのIPv6接続が可能となる「v6アルファ」や、便利なオプションを数多く提供しています。

以下、OCN光で使うことができるオプション全種類の一覧表です。

サービス名称サービス内容料金
OCN v6アルファIPoE通信で快適な速度でインターネットが使えるようになるオプション。
IPoE接続+専用WiFiルーター+ホームネットセキュリティ+訪問/遠隔サポートが1セットになったお得なパッケージ。
500円/月
OCNひかり電話OCN光が提供するIP電話サービス。
NTT東日本・西日本のひかり電話を使っている人なら電話番号も電話機も継続利用が可能。
500円/月
おまかせマルチパックマイセキュア、OCNプレミアムサポート、マイポケットの3つが1パッケージとなったオプション。
それぞれを個別に契約するよりもお得。
950円/月
マイセキュア(5ライセンス)スマホ、タブレット、PCをウイルスから守るセキュリティサービス。
お子様向けの「ペアレンタルコントロール」も使える。
500円/月
OCNプレミアムサポート専門スタッフがPCを遠隔でサポートするサービス。500円/月
マイポケットデータ保管サービス。容量は最大128GB。300円/月
メールウイルスチェックサービス受信メールのウイルスを自動的に検知・駆除してくれるサービス。1メールアドレス200円/月
迷惑メールブロックサービス迷惑メールやフィッシング詐欺メールを自動的に検知・隔離するサービス。1メールアドレス200円/月
ファミリーメール追加でOCNドメインのメールアドレスを増やすことが可能。250円/月
ひかりTVOCN光とひかりTV専用チューナーをテレビに接続すれば専門チャンネルが楽しめるようになるオプション。お値うちプラン:2,500円/月
テレビおすすめプラン:1,500円/月
ビデオざんまいプラン:1,500円/月
テレビオプションOCN光で地デジ/BS放送が受信できるようになるサービス。750円/月
OCNリモートサポートサービスPCやインターネットなどのトラブルや使い方についての相談に対して電話や遠隔操作で解決支援を行うサービス。500円/月

参照:オプション|OCN光

オプションサービスの利用料金は、他の光回線と比べても同じくらいの金額なので特に差はありません。

サポートは基本的に電話か遠隔操作のどちらかなので、専門スタッフの訪問サポートが使いたい人は他の光回線を選んだ方が良いでしょう。

キャンペーン

OCN光を新規契約、もしくは転用手続きをする場合はOCN公式よりも代理店経由で申し込むことをおすすめします。

その理由は、代理店経由で申し込むと現金キャッシュバックがもらえるからです。

2019年7月現在の最新キャッシュバックキャンペーンについてまとめたので、OCN光に申し込みたい人は参考にしてみてください。

キャッシュバック
OCN公式なし
アウンカンパニー最大10,000円
フルマークス最大21,000円
ブロードバンドナビ最大55,000円
ライフサポート最大12,000円
BIGUP最大10,000円
NEXT最大5,000円
ラプターなし

まとめ

OCN光の料金 まとめ

  • OCN光の月額料金は戸建てで5,100円・マンションで3,600円と他の光回線と比べても平均的
  • 初期工事費、解約金などは平均から若干高めの金額
  • 格安SIMのOCNモバイルONEとのセット割を使えば、スマホ+ネットの通信費が5,000~6,000円程度に節約できる
  • ただし、OCNモバイルONEを使っているユーザー以外には総じてメリットがない

以上、OCN光の料金を様々な項目で他の光回線と比較してご紹介しました。

全体的に見ると、OCN光の料金は平均的~若干高めに設定されていることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

結論として、OCN光は格安SIMのOCNモバイルONEを使っていたり、昔からプロバイダとしてOCNを使ってきた人に向いています

逆に言えば、それ以外の人にとってはメリットがほぼほぼない光回線であるとも言えます。

もしあなたが大手携帯キャリアのスマホを使っているなら、ドコモ光やソフトバンク光、auひかりなどのキャリアが運営している光回線を選んだ方がお得です。

他の格安SIMを使っている人なら、通信速度が速いNURO光や、利用料金が安いSo-net光プラスがおすすめです。

次のページで、スマホとのセット割まで含む最安値の光回線の見つけ方についてまとめているので、ぜひあわせてご覧ください。

スポンサーリンク

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。