ハワイ旅行におすすめポケットWi-Fiレンタル5選!お得なモバイルルーターを紹介

ハワイ旅行をするうえで現地で友達同士とLINEで連絡を取り合ったり、
InstagramやFacebookなどのSNSですぐに写真をシェアしたいと考えている人にとってインターネットは必要不可欠なものですよね。

そこで「ポケットWiFiをレンタルしたい!」と考えたのは良いものの、
「ハワイで一番お得に利用出来るポケットWiFiはどこなんだろう?」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

さらに海外で初めてポケットWiFiを借りる人にとっては
「何かトラブルが発生したら不安!」
「初心者にも分かりやすくてお得なレンタル会社が良い!」という人もいるかと思います。

そこで今回はお得にポケットWiFiを借りることが出来て、サポート体制の優れているレンタル会社を紹介していきますので、ぜひチェックしてみて下さいね!

ハワイのレンタル会社の選び方

料金と容量について

ハワイでポケットWiFiを借りる場合、レンタル会社の契約するデータ容量によってレンタル料金が異なります。

まずは自分が1日にどのくらいの通信量を使用するのかを確認し
自分の合っている容量のプランを把握しておきましょう!

250MB500MB1GB

Webサイト閲覧
Yahoo!トップページ1回表示1.4MB程度
約180回約360回約720回

Eメール送信
添付ファイル付き1MB程度
約250通約500通約1000通

LINE (メッセージ)
1通500文字2KB
約12万5,000通約25万通約50万通

LINE (音声通話)
1分300KB程度
約13時間約27時間約54時間

Googleマップ
地図検索1回3MB程度
約80回約160回約320回

Skype (音声通話)
1分3MB程度
約80分約160分約320分

Skype (ビデオ通話)
1分36MB程度
約7分約14分約28分

YouTube
低画質1分2MB程度
約120分約240分約480分

YouTube
HD画質1分140MB程度
約2分約4分約8分

乗り換えアプリ
通常検索50KB程度
約5,000回約10,000回約20,000回

Facebook
メッセージの投稿1回140KB程度
約1,700回約3,400回約6,800回

Twitter
ツイート1回600KB程度
約400回約800回約1,600回

Instagram
写真投稿1回25MB程度
約10回約20回約40回

受取返却方法

次にポケットWiFiの受取方法によって受渡手数料や返却手数料などが異なるので
しっかり確認しておきましょう。

また海外ポケットWiFiのレンタル会社は基本的に自宅での宅配受取、郵便ポストや郵便局での返却を採用している会社がほとんどですが、空港での受取・返却が可能な会社も中にはあります。

自宅から帰ってすぐに返却せずに数日経ってから返却すると遅延損害金が発生したりします。

なので現地や空港で返却するほうが安心かつ手間がかからないので空港での返却対応を行なっているレンタル会社を選ぶのが最適でしょう。

補償サービス

海外の各レンタル会社では補償サービスというものを設けています。

これは1日200円〜と料金はかかりますが基本的に必須加入ではありません。

しかし安く抑えたいからといって補償サービスに加入しないというのは危険です。

どういう事なのかというと、海外旅行でのトラブルのうち75%が盗難・紛失などのトラブルと言われています。

仮にポケットWiFiを紛失した場合、機種によりますが弁償代金として4万円近く請求される可能性があります。

なので、万が一に備えて補償サービスに加入する事をオススメします。

ちなみに、ポケットWiFiを長時間ネットに繋ぎっぱなしにすると途中でバッテリーが切れてしまう可能性があります。

なので念のためにモバイルバッテリーもレンタルすることも検討しましょう。

ハワイのポケットWiFiレンタル会社比較

続いて、以下はハワイのポケットWiFiを扱っているレンタル会社6社の料金をまとめました。

それでは比較してみましょう!

GLOBAL WiFiイモトのWi-FiアロハデータエクスモバイルWi-ho
1日のレンタル料 250MB/日:921円/日
500MB/日:1,206円/日
1GB/日:1,396円/日
500MB/日:1,580円/日
1GB/日:1,880円/日
700MB/日:690円〜780円/日
無制限/日:930円
200MB/日:750円/日
300MB/日:850円/日
500MB/日:1,100円/日
300MB/日:750円/日
600MB/日:1,050円/日
1GB/日:1,250円/日
無制限:1,850円/日
受渡手数料【宅配の場合】
受渡手数料:500円
【空港の場合】
受渡手数料:500円
【現地の場合】
受渡手数料:500円
【宅配の場合】
受取500円/台
(事前受取手数料は450円)
【空港の場合】
受渡手数料:500円
【東京本社の場合】
無料
【宅配の場合】
無料
【空港の場合】※羽田空港の場合のみ受取手数料500円
【現地の場合】※アロハデータBIGプランの場合$9.00(1DAY)+ハワイ州税(4.7%)
【ゆうパケットの場合】
無料
【宅配の場合】
受取500円
【空港の場合】
受取:1,080円
【宅配の場合】
商品手配手数料:540円
送料540円
※注文金額3,000円以上で無料
【空港の場合】
商品手配手数料:540円
返却手数料【宅配の場合】
返却送料自己負担
【空港の場合】
無料
【現地の場合】
無料
【宅配の場合】
返却送料自己負担
【空港の場合】
無料
【宅配の場合】
無料
【レターパック返却】
360円
【宅配の場合】
返却送料自己負担
【空港の場合】
返却:1080円
【宅配の場合】
返却送料自己負担
【空港の場合】
無料
保証サービス ・MAX:500円/日
・フル:300円/日
・ミニ:200円/日
・あんしんパックフル:300円/日
・あんしんパックプラス:500円/日
・あんしんパック:200円/日
安心保証:200円/日あんしん補償:
1日レンタル料金の15%
あんしん補償:216円/日
予備バッテリー モバイルバッテリー:
200円/日
・モバイル充電池:
250円/日
・軽量モバイル電池:
200円/日
・大容量モバイル充電池:
360円/日
予備バッテリー:
100円/日
ポケットリチャージャー:
500円/個
・モバイルバッテリー(薄型):
270円/日
・モバイルバッテリー:
216円/日
・モバイルバッテリー(大容量):
324円/日

キャンセル料・出発4日前まで無料
・出発3日前から申し込み金額の100%
・手配前のキャンセルは無料
・手配後のキャンセルは2,100円/台
・出発3日前より1台につき
1,620円
当日以降はキャンセル料+連絡を受けた時点までの
日数分レンタル料金
・受取日4日前はキャンセル無償
・受取日3日前以降は全額負担
・受取希望日3日前までは無料
・受取希望日2日前以降は2,160円/台
支払い方法クレジットカード/NP後払いクレジットカードクレジットカード、楽天アカウント、amazonアカウントクレジットカードクレジットカード

レンタル会社の中でも一番安いプラン(宅配の場合で考えた時のレンタル料・受取手数料・保証サービス)で計算し、純粋に安さを求めて順位をつけるとこんな感じになります。

1位:アロハデータ(定額通信量10%OFFを含む)
2位:エクスモバイル
3位:Wi-ho
4位:GLOBAL WiFi(Instagram特典20%OFFを含む)
5位:イモトのWiFi

ただエクスモバイルは2位となっていますが一番安いプランが「200MBの容量で750円/日」です。

一方のWi-hoは3位で一番安いプランが「300MBの容量で750円/日」です。

一見、容量は多いし料金も同じだからWi-hoの方が安いように思いますが
手数料や送料などを含めるとWi-hoはトータルの料金が高くなってしまうという事がわかりました。

次に料金の安い順番でいったらアロハデータが最も料金は安くなります。

しかし、たとえば深夜に「ネットが繋がらない!」などのトラブルが起こった時、
すぐ連絡をしたいと思っても「9時〜18時」までの営業時間となるため、
時間帯によって連絡ができないのは非常に困るかと思います。

一方のグローバルWiFiは24時間年中無休であり現地サポートも付いているので、
すぐに連絡し問題を解決出来るというメリットがあります。

なので「海外旅行で初めてポケットWiFiを借りるから不安!」という人にとっては
グローバルWiFiのような安心なサポートがあり、料金の安いレンタル会社を選びたいところじゃないでしょうか?

ということで当サイトがオススメするレンタル会社をランキング形式で紹介していこうと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

おすすめレンタル会社ランキング

1位
グローバルWiFi
グローバルWiFi

☆在庫があれば当日申し込み可能!
総合的にオススメ度の高いレンタル会社はグローバルWiFiです。他社と比べて料金はそこそこ高くなりますが、その分グローバルWiFiは「受取・返却」の手軽さや多様性が群を抜いています。受取に関しては空港で出来ても返却は郵便ポストか郵便局で返却しなければならない会社が多い中グローバルWiFiは空港で返却することが可能ですし、対応している空港の数が全国15か所というのは国内最多クラスです。またクレジットカード払いが多い中コンビニでの支払いが可能なのでクレジットカードを持っていない人にもオススメできますし、さらに海外拠点の現地スタッフやグローバルパートナーによる現地対応も可能なので万が一の時は安心できます。どこのレンタル会社にするか迷っているなら、とりあえずグローバルWiFiに申し込んでおけば間違いないというくらいオススメの会社です!現在「Instagram特典」としてInstagramのURLから申し込むと総額料金から20%OFF+受渡し手数料無料のサービスを提供しているのでチェックしてみてください!

2位
アロハデータ
アロハデータ

グローバルモバイルというレンタル会社がハワイ旅行向けに展開するレンタルWiFiルーターがアロハデータです。アロハデータの魅力といえば、700MBの大容量でありながら一番最安値の料金だということです。また早割適用されると定額通信量10%OFFになるのでさらに安くなります。さらにAmazonアカウントに加えて楽天IDでの決済が可能です。そのため楽天スーパーポイントをためているユーザーにはオススメできます。
そしてハワイにALOHA DATEの現地デスクがあるので現地でルーターを借りたり現地で旅の相談をすることが出来るという点でも初めてハワイ旅行をする人も安心して利用できるレンタル会社です。

3位
イモトのWiFi
イモトのWiFi

☆当日申し込み可能!
海外レンタルWiFiの会社としてはおそらく最も知名度の高いであろうレンタル会社がイモトのWiFiです。料金は一番高くなりますが、返却場所は7箇所とグローバルWiFiの次に多いので、わざわざ家にルーターを持ち帰って返送準備をせずとも、そのまま空港で返せるというお手軽さがあります。また東京にお住いの方や海外旅行前に東京に寄る事があれば、東京本社で受け取ると受渡手数料は無料となります。ちなみに様々な条件を満たす必要がありますがサービス内容に満足できなければ全額無料で利用できるという独自のサービスを展開していたり、キャンセル料は他社と比べて安くはあるので何か事前に問題が発生した場合は一番負担を減らして利用できます。

4
エクスモバイル
エクスモバイル

エクスモバイル は1ヵ国ごとの利用はもちろんのこと、世界周遊プランを展開しているので数カ国をまたいで旅行をする可能性がある人にオススメできるレンタル会社です。しかし現地サポートがついていたり様々なアプリから連絡をすることが出来ますが営業時間が決まっていたり、日曜祝日は連絡が出来ません。よって場合によっては連絡がつかない日があるのでその日にインターネットの接続が出来ないとなると不便でしょう。

5
Wi-Ho
Wi-Ho

Wi-Hoはハワイから電話で連絡をする場合、国際電話の通話となるので料金がかかります。万が一現地でトラブルが発生した場合、何回も連絡するのは料金的にかなり危険でしょう。だからと言ってメールで連絡したとしても、すぐに連絡が来るかも分からずハワイが初めての人にとっては多少不安な部分ではあるかと思います。そして返却方法のメールが届かないということもあるようなので、海外でポケットWiFiを借りた事がない人にとっては「返却のし忘れ」をする可能性があります。Wi-hoの返却対応の空港を利用するのであれば、空港での返却をするのが一番良い選択でしょう。

ハワイの無料WiFiスポット事情

日本人の海外旅行先として大人気であるハワイですが、多くの人が観光地として訪れるという事もあって、登録せずとも気軽に無料WiFiスポットを利用する場所があります。

アラモアナショッピングセンターの無料WiFi

ハワイで買い物を楽しめる場所といえば「アラモアナショッピングセンター」です。

ハワイグッズが多く販売されている事もあってお土産を購入する人にオススメなスポットです。

無料WiFiを提供しており、敷地も広いので「アラモアナショッピングセンターで1日中買い物をする!」という人は接続しておけばインターネットに困る事はないでしょう。

その他の有名なショッピングセンターである「ロイヤル・ハワイアン・センター」「Tギャラリアハワイ by DFS」でも無料WiFiを提供しているので立ち寄った際はチェックしてみてください。

ダニエル・K・イノウエ国際空港の無料WiFi

ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ホノルル国際空港)は、以前は有料でWiFiを提供していましたが2017年の12月頃から無料WiFiを提供し始め空港全エリアで利用が可能となりました。

ダニエル・K・イノウエ国際空港の無料WiFiを利用する場合、まず「Boingo Hotspot」というネットワーク名を探します。

次にタップすると登録画面が表示されますので、2番目の「HNL 無料 Unlimited WiFi」を選択すれば無料でWiFiに接続する事が可能です。

ただし45分間と時間制限があるので気をつけましょう。

ハワイのホテルの無料WiFi

ハワイの大型ホテルであるハイアット・ヒルトン・シェラトンなどでは無料WiFiを提供しています。

宿泊をしていない人でもロビーなどの公共エリアで利用する事が可能なので、
待ち合わせや時間を持て余している際に利用しても良いですね。

ちなみにアウトリガー系のホテルではWiFiのパスワードが必要となってきます。

フロントからパスワードの書いた紙を貰ってインターネットに接続する事が出来ますが、宿泊者以外は利用する事は難しいようなので注意してください!

またホテルによってロビーでは無料でWiFiを開放しているけど客室で使用する場合は料金が発生する事があるので、こちらも気をつけましょう。

ハワイの飲食店の無料WiFi

ハワイには日本でも有名な「マクドナルド」や「スターバックス」があり無料WiFiを提供しています。

ちなみにスターバックスは日本と違いWiFiに接続する際はメールアドレスなどの登録は不要で簡単にインターネットに接続する事が可能です。

その他に「コーヒービーン&ティーリーフ」「キモビーン・ハワイアン・コーヒー」などの各カフェでも無料WiFiを提供しているのでチェックしておきましょう。

また「アイランド・ヴィンテージ・コーヒー」では、
お店のレシートにWiFiのネットワーク名とパスワードが記載されているのでレシートは捨てないでおきましょう。

以上でハワイの無料WiFiスポットについてお話させて頂きました。

ハワイは多くの観光客が来るという事もあってWiFiスポットがたくさんありますが、
混み合った場所だと思うようにインターネットに接続出来なかったりします。

場所や人の混み具合を気にしながらインターネットを利用するより、ポケットWiFiをレンタルした方がストレスなくハワイ旅行を楽しむ事が出来るのでポケットWiFiを借りる事をオススメします。

またハワイの無料WiFiスポットのネットワーク名を間違えてしまうと、
場合によっては個人情報を盗み取られてしまう事もあるので、
お店のネットワークなのかしっかりと確認してから接続しましょう。

まとめ

以上のことをまとめると、

  • ハワイでポケットWiFiをレンタルすると一番安くなるのはアロハデータ
  • 料金やサポート体制・受取返却の多様性など総合的にオススメするのはグローバルWiFi

となります。

アロハデータは現地でハワイ旅行の相談が出来るという点では初心者にも向いているかと思います。

しかし総合的に考えて一番オススメするのは「グローバルWiFi」です。

受取・返却対応の空港数が最も多く「返却のし忘れ」のリスクを抑える事ができますし、
当日申し込みも行なっているので現地に行ってから「必要かも!」と思っても遅くはありません。

ただ当日申し込みの場合、在庫があればレンタル出来るということなのでポケットWiFiがない可能性もあるという点は注意しましょう。

ちなみにハワイでレンタルできるポケットWiFiは
期間限定で「キャンペーン」や「クーポン」などを発行しているところがあります。

毎月公式サイトを確認するかSNSをフォローしたりメルマガに登録をすると
お得な情報を知らせてくれるので、チェックしておくと良いでしょう。

以上でハワイでお得にポケットWiFiを借りることが出来て、初心者にもおすすめできるレンタル会社を紹介しました!

素敵なハワイ旅行になるよう祈っています!

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする