ホームルーターおすすめTOP4!速度・料金を徹底比較【2020最新】

新生活が始まると同時にインターネット回線の契約見直し・新規契約を検討する方も多いと思いますが、いざ引っ越してみると

固定回線が使えなかった
固定回線は使えるが速度が遅すぎる

そんな経験をする人は意外と多いです。

例えば引っ越し先がそもそも光回線が提供されいないエリアだったり、アパートやマンション自体でそもそも契約がなかったり、あるいは契約はあるけど聞いたこともないような回線が契約されていて回線速度が致命的に遅かったりすると別の回線の契約を検討しなければなりません。

こういう風に引っ越し先で固定回線が使えなかった場合、今までは「LTEのポケットWi-Fi」であったり「WiMAX」といったモバイル式のルーターを検討し始めるというのが定石でした。

しかし最近では持ち歩くタイプではなく据え置きタイプのルーターが人気を集めています。

それが今回紹介するホームルーターです。

ホームルーターとは

ホームルーターとは一体何なのかと言うとWiMAXやLTEの回線を使用したルーターで、自宅で据え置きで使うタイプのルーターです。

光回線のように大がかりな工事が必要なく、WiMAXやLTEの電波がつかめるエリアであればどこでも使用できるので、引っ越しの頻度が多い人などを中心に徐々に人気を集めています。

関連記事:LTEとWiMAXの違いは?それぞれのメリット・デメリットを解説!

モバイルルーターとの違い

しかし、ここでこんな疑問が沸いてくる人もいるんじゃないでしょうか。

モバイルルーターを自宅に置きっぱなしにすれば同じことじゃないの?
ホームルーターとモバイルルーターと一体何が違うの?

はい、ごもっともな疑問だと思います。

しかしホームルーターは以下の2点においてモバイルルーターと明確に性能の差があります。

  • 同時接続台数が多い
  • 電波の掴みが良い

同時接続台数が多い

モバイルルーターは同時接続台数が10台程度なのに対してホームルーターであれば40台~60台を同時に接続することが出来ます。

4人家族で1人1台スマホを接続して、その他にもパソコン・タブレット・ゲーム機などを接続してしまえばあっという間に10台に近づいてしまいます。

それに加えて親戚や友人が遊びに来ようもんなら10台どころでは足りなくなることは容易に想像できます。

なので一人暮らしの人であれば同時接続台数はそこまで気にする必要はないかもしれませんが、複数人で利用するようなご家庭であれば間違いなくホームルーターの方がオススメです。

電波の掴みが良い

モバイルルーターとホームルーターが決定的に違う点が「電波の掴み」と言っても過言ではないでしょう。

モバイルルーターはそもそも屋外で利用することを前提としているため、ポケットやカバンなど自分の身の回りで使用する範囲内でWiFiの電波を掴むよう設計されています。

そのため、例えばモバイルルーターをリビングの机の上に置いて隣の部屋に移動したり上の階に移動したりすると、電波は壁や天井などにぶつかりながら徐々に強度が衰退していきWiFiの接続が弱くなってしまいます。

一方でホームルーターは家の中でACアダプタをさしっぱなしで使うことを前提としているので、電波の強度はモバイルルーターよりもはるかに強く設計されています。

モバイルルーターがおよそ10m~15m程度なのに対してホームルーターは50m以上離れた場所でもしっかり電波を掴んでくれます。

それを考えると、複数の部屋をまたいでネットを利用することが多い人は間違いなくモバイルルーターよりもホームルーターの方がオススメです。

モバイルルーターとホームルーターの違い
  • モバイルルーターの同時接続台数は10台程度
  • モバイルルーターのWiFi接続範囲は10~15m程度
  • ホームルーターの同時接続台数は40台~60台
  • ホームルーターのWiFi接続範囲は50m以上

実際に測定

同時接続台数が多いとか電波強度が高いとか、数字上だけなら何とでも言えます。

重要なのは実際に自宅で測定をした場合どうなるのかという点です。

インターネットの回線事業者やプロバイダは公式サイトで「最大〇〇Mbps」という数値を掲げていますが、これはあくまで測定する上で理想的な環境を用意した場合に理論上出る可能性のある最大速度です。

実際には速度を低下させる障害物によって理論値よりもはるかに遅い速度しか出ません。

特に「LTE」や「WiMAX」といったモバイル向けの回線は、屋外で使用することが最も理想的とされています。

しかし本記事で紹介しているホームルーターの場合、常に障害物だらけの自宅で使用することになります。

モバイル向けの回線を屋内で使用する場合、壁や柱などにぶつかるうちに電波強度は徐々に低下していくことになります。

つまり、ホームルーターはモバイルルーターと比べて「理論値」より「実際に出る速度」というのがさらに重要になってくるのです。

というわけで当サイトではホームルーターを自宅内で使用して実際に測定をしてみました。

測定環境

今回測定に使用したのはL01sというホームルーターとW05というモバイルルーターの2機種です。

スペックに関しては以下の通りです。

L01sW05
製品名Speed Wi-Fi HOME L01sSpeed Wi-Fi NEXT W05
製造元HUAWEIHUAWEI
対応ネットワークWiMAX 2+
au 4G LTE
WiMAX 2+
au 4G LTE
質量約450g約131g
外形寸法(mm)約H180×W93×D93mm約W130×H55×D12.6mm
最大同時接続数計42台(LANポート×2台、Wi-Fi SSID×2×20台)Wi-Fi:10台
Bluetooth:3台
最大速度最大440Mbps最大758Mbps

さらに、今回はスマホ2台とタブレット1台で回線速度の測定を行います。

一般的には同時に接続する台数が増えれば増えるほど1台で出せる速度は低下していくとされています。

で、実際に複数台で測定を行う場合、最大接続台数が多いホームルーターの方がモバイルルーターよりも速度が出やすいのかどうかというのを検証するためにも3台の端末を用意しました。

そして自宅内の測定環境についてですが、今回はなるべくホームルーターのポテンシャルを確かめるためにも

  • ホームルーター設置部屋
  • リビング
  • 脱衣室

以上の3か所の扉を閉めることで、なるべく電波の障害物を増やして測定を実施しました。

つまり、測定を行ったのは

ズバリ、脱衣室です。

測定開始

それでは実際に

  • ホームルーター1台+モバイルルーター1台
  • スマホ2台+タブレット1台
  • 3部屋の扉を閉める

という環境での測定結果を公開します。

以下が測定結果です。

モバイルルーター



ホームルーター



以上のように、1台のスマホの下り速度だけモバイルルーターに負けていますが、それ以外はホームルーターの圧勝でした。

つまり、例えモバイルルーターの方がスペック上の数値が高かったとしても壁や扉のような障害物を挟んだ場合はホームルーターの方がより速度が出やすいということがお分かりいただけると思います。

ランキング

ホームルーターがどんなものなのか大体お分かりいただけたと思います。

ただ一口にホームルーターといっても機種は沢山あり、しかもそれぞれ料金速度パケット上限など特徴が全く異なります。

そしてどれを選ぶかによって快適なネット生活が送れるかどうかが大きく左右されると言っても過言ではないでしょう。

そこで当サイトがそれぞれの特徴を解説して皆さんに最適のホームルーターをランキング形式で紹介したいと思います。

1位
Speed Wi-Fi HOME L02
Speed Wi-Fi HOME L02

当サイトが最もオススメするホームルーターがSpeed Wi-Fi HOME L02です。

上の「実際に測定」で使っていたL01sの後継機種にあたり、回線速度はホームルーターで最速の下り最大1Gbpsを実現しております。

つまり、理論値としては自宅で利用されるような光回線にかなり近いというわけです。

3日間で10GBまでという制限はあるので複数人で使うようなご家庭だとパケット的に厳しいかもしれませんが、1か月間の通信上限はないので一人暮らしをしている人ならそこそこインターネットを使う人でもパケットを気にすることなく使えるでしょう。

ちなみにSpeed Wi-Fi HOME L02は複数のプロバイダで提供されていますが、一番おすすめのプロバイダはブロードワイマックスです。

数あるWiMAXプロバイダの中でもGMOとくとくBBは3年間の実質料金が最安クラスだからです。

少しでも安くWiMAXを使いたい方は是非GMOとくとくBBでHOME L02を契約しましょう。

2位
モバレコエアー
モバレコエアー

WiMAXが提供エリア外の人にオススメなのがモバレコエアーです。

モバレコエアーはホームルーターの中で唯一使い放題なのでインターネットの使用量が多い人にもオススメです。

また、モバレコエアーはソフトバンクのLTE回線を使用していて、回線速度こそ通常のLTEよりも遅い下り最大261Mbpsですが、一般的なLTE回線のように1か月7GBまでや、WiMAX回線のように3日で10GBまでといった制限はありません。

1人暮らしであれば速度制限があってもデータ通信量を気にしながら使えばなんとか通信制限は回避できるかもしれませんが、例えば家族4人で一つのルーターに繋ぐとなると月7GBや3日で10GBなんてあっという間です。

そう言った意味でもモバレコエアーは複数人で同時にネットで繋ぐようなご家庭にオススメのホームルーターであると言えます。

また、ソフトバンクのスマホを利用している人がモバレコエアーを申し込むとスマホの月額料金が毎月1,000円割引かれるので、ソフトバンクのスマホユーザーであれば間違いなくオススメのホームルーターです。

3位
Aterm PA-HT100LN-SW
Aterm PA-HT100LN-SW

とにかく月額料金を抑えたいという人にオススメなのがNEC製のAterm PA-HT100LN-SWです。

Aterm PA-HT100LN-SWはルーターの購入と回線の契約を別々に行う必要があり、通販サイトなどでルーターを購入したあと別途MVNOと契約をしてSIMカードをルーターに刺して使用します。

ルーターの購入と回線の契約が別々なのでソフトバンクエアーやWiMAXと比べると少々手間がかかりますが、逆に言えば自由に回線業者を選ぶことが出来るので自分のインターネット使用量に合わせて最適な料金プランで契約をすることが出来ます。

そのため、家族複数人で使用する場合には20GBや30GBといった大容量プランを契約をしたり、一人暮らしでそこまでインターネットを使用しないという人は5GBプランや3GBプランを契約したりできるのでコスパを重視する人にオススメです。

4
novas Home+CA
novas Home+CA

novas Home+CAはプロバイダ「novas WiMAX」を運営しているシンセイコーポレーションが製造も手掛けたという珍しいホームルーターです。

正直に言ってしまうとnovas Home+CAが販売開始された当初はインターネットの接続が遅いとか電波の感度が悪いといったネガティブな評判が多かったのですが、ファームウェアのアップデートによりかなりユーザーの不満点が改善されました。

ちなみにnovas Home+CAは複数のプロバイダで契約が出来るのですが当サイトがオススメするのは製造元兼プロバイダであるnovas WiMAXで契約することをオススメします。

なぜならnovas WiMAXで契約すると特典として標準アンテナ延長ケーブルがついてくるからです。

延長ケーブルを使えばルーターを窓際に固定せずに使うことが出来るのでルーターの置き場所に制限がある人はnovas WiMAXから契約しましょう。(期間限定キャンペーンなのでいつ終了するか分かりません)

比較

Speed Wi-Fi HOME L01sモバレコエアーAterm PA-HT100LN-SWnovas Home+CA
回線WiMAXLTELTE
(別途MVNOと契約)
WiMAX
速度下り最大440Mbps下り最大261Mbps
(一部地域では下り最大350Mbps)
下り最大150Mbps下り最大220Mbps
料金2,726円~3,411円/月
(BroadWiMAXの場合)
4,880円/月本体代金12,000円~15,000円+MVNOの月額料金2,780円~4,380円/月
(novas WiMAXの場合)
同時接続台数42台32~64台(地域による)10台16台
データ容量1ヵ月の上限なし
(3日で10GBまで)
なし契約するMVNOのプランによる1ヵ月の上限なし
(3日で10GBまで)
評価丸5個丸4個丸3個丸2個
公式HP公式HP公式HP公式HP公式HP

この中で実質データ容量が無制限で使えるのはモバレコエアーだけです。

モバレコエアーにも「ネットワークの高負荷が一部のお客さまの利用によるものと考えられ、過去3ヵ月の利用状況からその再現性が非常に高いと判断されたときのみ、該当のお客さまに対する速度制限を行う場合があります」という注釈はあるので完全無制限とまでは言えませんが、こういう注意書きはどの4G回線であっても必ずあります。

1ヵ月間や3日間のデータ容量制限は設けられていないのでデータ容量制限としてはかなり緩い方だと言えます。

WiMAXは3日間で10GBまでなので、動画を見るご家族が数人いたりすると少し厳しいかもしれませんが、回線速度は速いので一人暮らしの人、あるいはWEB閲覧やSNSが利用のご家庭であればかなり快適に利用できるはずです。

Aterm PA-HT100LN-SWに関しては、どのMVNOのどのプランと契約するのかによってデータ容量の上限が異なります。

ただ言い換えればご自身のインターネットの使用量に合わせて最適なデータ量が選べるのでコスパ重視の人にはおすすめです。

まとめ

以上がホームルーターのおすすめランキングです。

まとめるとこんな感じになります。

  • Speed Wi-Fi HOME L01s・・・一人暮らしの人やなるべく速い速度でネットを使いたい人にオススメ!
  • モバレコエアー・・・複数人の家族で使う人やソフトバンクのスマホを利用している人にオススメ!
  • Aterm PA-HT100LN-SW・・・自分に最適なパケット量を最適な料金で使いたい人にオススメ!
  • novas Home+CA・・・窓際に置かずに使いたい人にオススメ!

皆さんに快適なネットライフが訪れることを祈っています。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする