1. ホーム
  2. 雑記
  3. ≫モバレコAirの口コミ・評判がアテにできない理由とSoftBankAirとの違いを徹底解説!

モバレコAirの口コミ・評判がアテにできない理由とSoftBankAirとの違いを徹底解説!

2019年3月から始まったばかりのWiFiルーター「モバレコAir」。

モバレコAirは、「ソフトバンクエアー(SoftBank Air)とまったく同じサービスなのに、月額料金だけが圧倒的に安い!といま話題のホームルーターです。

その月額料金は、2か月間はたったの1,970円! 3か月目以降も本家のソフトバンクエアーより300円以上もおトクに使うことができます。

結論を先にお伝えしてしまうと、ソフトバンクエアーに申し込もうと考えている人なら、100%確実にモバレコAirを選んだ方が安く使えるのでオススメです。

そこでこの記事では、モバレコAirが気になっている人に向けて、口コミや評判、ソフトバンクエアーやWiMAXとの違い、メリット・デメリットを徹底解説していきます。

この記事で分かること
  • モバレコAirってどんなサービス?
  • モバレコAirの悪い口コミや評判がアテにできない理由
  • モバレコAirとソフトバンクエアー、WiMAXとの違い
  • モバレコAirを選ぶメリット・デメリットについて

最後まで読めば、モバレコAirの特徴や本当に申し込んでも大丈夫なのかが分かるようになります。

WiFiルーター選びのプロである筆者から見た「モバレコAir」の評価もぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

目次

モバレコAirとは

モバレコAirの要約3ポイント

  • ソフトバンクエアーのサービスはそのままに月額料金だけが安い
  • コンセントに挿すだけでネットが使い放題!開通工事も不要
  • ソフトバンクスマホとのセット割はもちろん使える
  • ネットもスマホもソフトバンクへの乗り換えで違約金を全額負担

モバレコAirは、株式会社グッド・ラックがソフトバンクとアライアンス契約を交わしたことで実現した料金が安いWiFiルーターサービスです。

アライアンスとは英語で「同盟」という意味の言葉で、グッド・ラックの自社メルマガ「GLプレミアムメンバーズ」とソフトバンクの「ソフトバンクエアー」をセット販売しています。

モバレコAirの月額料金は以下の通りです。

モバレコAirのみモバレコAir+セット割
月額料金初月:1,970円(日割り)
1~2か月目:1,970円
3~24か月目:3,344円
25か月目以降:4,880円
初月:2,470円(日割り)
1~2か月目:2,470円
3~24か月目:3,844円
25か月目以降:4,880円
事務手数料3.000円3,000円
端末代金実質0円実質0円
契約期間2年2年
違約金9,500円9,500円

ポイントだけかいつまんで解説すると、本家のソフトバンクエアーよりも2か月目までは2,910円3~24か月目までは1,536円も安く使うことができます。

ソフトバンクエアーとの詳しい月額料金比較は後述しますが、ソフトバンクでもモバレコAirでも使える製品はまったく同じソフトバンクエアーなので、月額料金が安い分確実にお得なサービスだと言えます。

ちなみに、株式会社グッド・ラックは大人気のポケットWiFi「どんなときもWiFi」を運営しています。

利用者が多いサービスを運営している会社なので安心感がありますね。

モバレコAirの口コミ・評判について

モバレコAirについてTwitterで調べてみると、サービスが開始されたばかりのためか口コミや評判はかなり少ない印象を受けました。

また、モバレコAirの訴求キャンペーンの一環で数多くのコスプレイヤーがPRしているため、実際の使用感と言った口コミは皆無ともいえる状況です。

そんな中で見つけたモバレコAirに関するツイートをご覧ください。

Twitterでの口コミ・評判まとめ


これらの口コミの通り、モバレコAirはコンセントに挿すだけでインターネットが使える手軽さが人気の理由のひとつです。

正直な話、持ち運びができなかったり通信速度は光回線に劣っていたりと、デメリットがあるのは確かです。

ですが、

  • 面倒な手続きや開通工事はしたくない
  • 通信速度はほどほどに、とりあえず自宅でインターネットが使えれば良い

という人にはオススメできるサービスだと言えます。

また、元からソフトバンクエアーに申し込もうと思っているなら、サービスや製品の品質にまったく差がなく、月額料金だけが安いモバレコAirで申し込んだ方が賢い選択です。

口コミや評判がアテにできない理由について

インターネット上、SNS上で見かける口コミや評判が気になるという人は多いでしょう。

ですが、悪い内容の口コミや評判を書くケースというのは「期待値を下回った時の不満」から来るものが多く、どうしても悪い内容の声が出てきやすいものです。

逆に、まったく問題がなく満足して使っている人たちもいますが、そういった人ほど口コミや評判を書かないことが多いです。

特に、ポケットWiFiや格安SIMといった「通信機器」は、実際に使う時の地域や環境によって通信品質が大きく異なります

まったく同じ地域・環境で使っている人の口コミや評判であれば参考にすべきですが、ネット上やSNS上の口コミや評判をアテにしすぎないようにしてください。

なお、ソフトバンクエアーを契約してから8日以内であれば「初期契約解除(通信機器専用のクーリングオフのような制度)」で契約をキャンセルできます。

実際に契約してみて、使えないレベルの問題があるなら初期契約解除を使うようにしましょう。

モバレコAirとソフトバンクエアーとの違い

ここまで、モバレコAirの概要について解説してきました。

その中身は「ソフトバンクエアー」とまったく同じなので、実際に何が違うのか分かりづらいという人も多いでしょう。

そこでこの項目では、モバレコAirとソフトバンクエアーの比較解説をしていきます。

両者とも性能面では全く同じ

モバレコAirは、運営会社のグッド・ラックとソフトバンクエアーの提供元であるソフトバンクがアライアンス契約をしたことで実現したサービスです。

要するに「グッド・ラックのサービスとソフトバンクエアーのセット販売」という内容なので、その中身はソフトバンクエアーそのものです。

そのため、WiFiルーターとしての性能面はまったく同じです。

唯一違うのは、グッド・ラックが運営する「GLプレミアムメンバーズ(メルマガ)」に登録する点ですが、無料のメルマガなので大した問題ではないでしょう。

モバレコAirの方が月額料金は圧倒的に安い

ソフトバンクエアーと比べてモバレコAirが勝っている点は、月額料金が安いの一言に尽きるでしょう。

ここでは、実際にモバレコAirとソフトバンクエアーを3年間継続利用する場合の月額料金を比較してみていきましょう。

比較モバレコAirソフトバンクエアー
事務手数料3.000円3,000円
月額料金初月:1,970円(日割り)
1~2か月目:1,970円
3~24か月目:3,344円
25か月目以降:4,880円
初月:3,800円(日割り)
1~11か月目:3,800円
12か月目以降:4,880円
3年間合計金額
(初月+1~36か月目+事務手数料)
141,038円170,600円
3年間実質月額料金
(3年間合計金額÷37か月)
約3,812円約4,611円
本体代金実質0円実質0円

ご覧の通り、3年間継続して利用すると毎月800円ほどモバレコAirの方が安いことがわかります。

年間で1万円弱の料金を節約できると考えると、普通にソフトバンクエアーに申し込むよりもモバレコAirに申し込んだ方がお得ですね。

モバレコAirとソフトバンクエアーの違いまとめ

ここまでの内容を簡単にまとめると…

  • モバレコAirもソフトバンクエアーも性能面ではまったく同じ
  • 毎月の通信費を安く抑えたいなら:モバレコAir

ということになります。

モバレコAirとWiMAXとの違い

WiFiルーターについて調べていると、必ず出てくるのが「WiMAX2+」です。

WiMAX2+でもソフトバンクエアー同様のホームルータータイプがあるので、モバレコAirと比較してどちらが良いのかを確認していきましょう。

比較モバレコAirUQ WiMAX2+(ギガ放題)
回線種別ソフトバンク
(恐らくAXGP)
WiMAX2+
au 4G LTE
速度制限なし10GB/3日
※ハイスピードエリアモード使用時:7GB/月
事務手数料3.000円3,000円
月額料金初月:1,970円(日割り)
1~2か月目:1,970円
3~24か月目:3,344円
25か月目以降:4,880円
初月:3,696円(日割り)
1~2か月目:3,696円
3か月目以降:4,380円
3年間合計金額
(初月+1~36か月目+事務手数料)
141,038円163,008円
3年間実質月額料金
(3年間合計金額÷37か月)
約3,812円約4,406円
本体代金実質0円0円
契約期間2年3年
違約金9,500円初月~12か月目:19,000円
13~24か月目:14,000円
25か月目以降:9,500円

ご覧の通り、WiMAX2+よりもモバレコAirの方が月額料金は安いことが分かります。

さらに、WiMAX2+には3日で10GBを超えると一時的な速度制限が課されるというデメリットもあります。

モバレコAirなら3日間の速度制限や月間のデータ容量に制限は一切ないので、安心してインターネットを使うことができます。

ただし、モバレコAirにおいてもあまりに膨大な量のデータ通信を行うと、キャリア側の判断で通信速度制限が課される可能性があるので覚えておきましょう。

モバレコAirのメリット・特徴

ここまで、モバレコAirと本家ソフトバンクエアー、WiMAX2+との比較について解説してきました。

どちらと比べても月額料金が安く使えるモバレコAirですが、料金面以外でも多くのメリットがあります。

この項目では、モバレコAirのメリットについて確認していきましょう。

モバレコAirのメリット
  • 本家ソフトバンクエアーよりも月額料金が圧倒的に安い
  • ソフトバンクスマホとのセット割がある
  • 他のネット回線からの乗り換えだと違約金を10万円まで保証
  • 他キャリアのスマホから乗り換える場合も違約金を保証
  • クレジットカード以外に口座振替での支払いも可能

本家ソフトバンクエアーよりも月額料金が圧倒的に安い

ここまで何度もお伝えしてきているように、モバレコAirは本家のソフトバンクエアーよりも月額料金が安いことが特徴です。

3年間使う場合を想定した実質月額料金は、モバレコAirの方が800円ほど安く使えます

年間で1万円弱の通信費を節約することができるので、モバレコAirは非常にお得なサービスだと言えます。

まだ、ソフトバンクエアーとの料金比較を見ていない人は「モバレコAirの方が月額料金は圧倒的に安い」の項目をご覧ください。

ソフトバンクスマホとのセット割がある


ソフトバンクのスマホを使っている人がモバレコAirに申し込むと、セット割の「おうち割 光セット」に申し込むことができます。

おうち割 光セットは、毎月のスマホ料金が最大で1,000円割引されるお得なセット割です。

ソフトバンクのスマホで使っている料金プランによって割引金額が異なるので、以下の表をご確認ください。

料金プラン割引金額
データ定額 50GBプラス/ミニモンスター1,000円/月
データ定額50GB/20GB/5GB1,000円/月
データ定額ミニ 2GB/1GB
データ定額(3Gケータイ)
500円/月
パケットし放題フラット for 4G LTE
4G/LTEデータし放題フラット
1,000円/月
パケットし放題フラット for シンプルスマホ
(iPad専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE
(タブレット専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G
500円/月

なお、ソフトバンク光でも「おうち割 光セット」は適用可能ですが、光BBユニットをレンタルするなどの適用条件があります。

ですが、モバレコAirでは一切のオプションに加入することなく「おうち割 光セット」を適用できるので、月額料金の面だけ見ればソフトバンク光よりもお得です。

ただし、モバレコAirの元々の月額料金が500円アップするのでその点にはご注意ください。

他のネット回線からの乗り換えだと違約金を10万円まで保証

いま使っているインターネット回線からモバレコAirに乗り換える際、撤去工事費や違約金などが発生する場合は「あんしん乗り換えキャンペーン」を使いましょう。

あんしん乗り換えキャンペーンは、撤去工事費や違約金をあわせて最大10万円まで保証してくれる太っ腹なキャンペーンです。

一度、自分自身で撤去工事費や違約金を支払った後にキャッシュバックとして返ってくるので元手が必要ですが、それでも費用を抑えて乗り換えられるのは嬉しい特典だと言えます。

ただし、適用条件があるので必ず確認してから申し込むようにしてください。

適用条件
  1. キャンペーン期間中にソフトバンクエアーへ申し込んで、180日以内に課金開始すること
  2. 申し込んだ日に他社インターネット回線を利用していること
  3. 課金開始月を1か月目として5か月目の末日までに、元々使っていたインターネット回線の解約時に発生した違約金や撤去費用の金額が確認できる証明書(コピー可)を送付すること

特に覚えておきたいのは「5か月目の末日までに違約金や撤去費用が確認できる証明書を送付する」という点です。

これをし忘れると「あんしん乗り換えキャンペーン」は適用されないので期日も含めて忘れないように気を付けましょう。

他キャリアのスマホから乗り換える場合も違約金を保証


モバレコAirに申し込んだ後でソフトバンクのスマホに乗り換える場合、スマホの違約金まで保証してもらえます。

手順としては、

  1. モバレコAirに申し込む
  2. ソフトバンクショップでスマホを乗り換える
  3. 乗り換えの際に「おうち割 光セット」に申し込む
  4. 「おうち割光セット スマホ違約金還元」にも申し込む

といった感じです。

ただし、このキャンペーンに関しても一度ご自身で違約金を支払った後、950円×10ヶ月の割引という形で還元されるという点は覚えておいてください。

クレジットカード以外に口座振替での支払いも可能

モバレコAirの支払い方法は、クレジットカード払い以外にも口座振替での支払いも可能です。

格安SIMや一部の光回線、WiMAXのようにクレジットカードを持っていないと申し込みができないということはないのでご安心ください。

モバレコAirのデメリット・注意点

ここまでモバレコAirのメリットについて解説してきました。

月額料金が安い点以外にも、他社の違約金を最大10万円まで保証してくれる上、セット割まで使えるという魅力的なメリットが盛りだくさんのサービスです。

ですが、気を付けなければならない注意点もあるので、この項目でしっかりと確認してから申し込むようにしてください。

モバレコAirのデメリット
  • 2年目に解約すると支払う必要がない端末代金が請求される
  • ソフトバンクでは可能な「レンタル契約」ができない
  • 速度が遅い/使えないエリアがある

それぞれのデメリットについて解説してきます。

2年目に解約すると支払う必要がない端末代金が請求される

モバレコAirの契約期間は2年間ですが、端末代金の分割支払い回数は36回(3年間)しか選ぶことができません

つまり、2年目の最初の更新月でモバレコAirを解約すると、違約金はかからないものの、本来であれば支払う必要のなかったソフトバンクエアーの端末代金が請求されてしまうことになります。

より分かりやすくイメージしてもらうために表を作成したので下記をご覧ください。

解約するタイミング違約金端末代金
25か月目
(最初の更新月)
0円19,440円
(1,620円×12ヶ月)
37か月目9,500円0円
49か月目
(2回目の更新月)
0円0円

ご覧の通り、最初の更新月である25か月目に解約をすると、端末代金の残債分として約2万円が請求されてしまうのです。

端末代金を支払い終わった37か月目に解約すると、今度はモバレコAirの更新月以外での解約となるので9,500円の違約金が発生します。

2回目の更新月となる49か月目になることで、ようやく違約金も端末代金も請求されない絶好の解約のタイミングとなります。

つまり、実質4年間の縛りがあるということになるので、この点には必ず理解した上で申し込むようにしてください。

ソフトバンクでは可能な「レンタル契約」ができない

ソフトバンクで契約するソフトバンクエアーは、端末のレンタル契約ができます

レンタルをすることで月額料金が高くなる代わりに端末代金が請求されなくなるので、上記で解説した実質4年間の縛りがなくなるというメリットがあります。

ただし、モバレコAirの場合はレンタル契約ができません。

通常と同様の割賦契約でしか利用できないので、ほぼ確実に実質4年間の縛りが付いて回ります。

レンタル契約を検討している人は極少数かと思いますが、念のためご注意ください。

速度が遅い/使えないエリアがある


コンセントに挿せばインターネットが使えるモバレコAirやソフトバンクエアーですが、一部のエリアでは使うことができません

そのため、使いたいと思った場合は必ずエリア確認をしてからお申し込みください。

いま住んでいるエリアでモバレコAirが使えるかどうかの確認方法は、モバレコAirのトップページにアクセスして、


画像内の赤枠で囲ってあるボタンを押して、必要事項を入力してメッセージを送ればOKです。

広いエリアに対応しているとはいえ、都内でも一部のエリアでは使えないことがあるので必ずエリア確認をしてから申し込むようにしてください。

WiFiルーター選びのプロから見た「モバレコAir」の評価

ここまで、モバレコAirのメリット・デメリットについて解説してきました。

この項目では、WiFiルーター選びのプロからの視点で「モバレコAir」を評価していきます。

結論から言えば、ずっと使い続ける気があって、ほどほどにインターネットが使えれば良いという人であれば契約する価値アリです。

2年契約で36回分割という本家の悪い部分を引き継いでいるのは残念ポイント

デメリットの部分で解説しましたが、モバレコAirは2年契約でありながら、端末代金の分割支払い回数は36回(=3年間)しか選べません

解約するタイミング違約金端末代金
25か月目
(最初の更新月)
0円19,440円
(1,620円×12ヶ月)
37か月目9,500円0円
49か月目
(2回目の更新月)
0円0円

このように、最初の更新月で解約すると2万円弱の端末代金の残債分、端末代金の支払いが終わったタイミングでは契約期間の違約金が発生してしまいます。

実質4年間の縛りは本家のソフトバンクエアーでもかなり評判が悪いので、この部分を引き継いでしまっているのは残念なポイントとしか言いようがありません。

本家と同じ性能・セット割で月額料金だけ安いのは嬉しいポイント

契約期間と分割支払い回数にズレがあるモバレコAirですが、本家のソフトバンクエアーと比べて月額料金が安いのは嬉しいポイントです。

比較モバレコAirソフトバンクエアー
事務手数料3.000円3,000円
月額料金初月:1,970円(日割り)
1~2か月目:1,970円
3~24か月目:3,344円
25か月目以降:4,880円
初月:3,800円(日割り)
1~11か月目:3,800円
12か月目以降:4,880円
3年間合計金額
(初月+1~36か月目+事務手数料)
141,038円170,600円
3年間実質月額料金
(3年間合計金額÷37か月)
約3,812円約4,611円
本体代金実質0円実質0円

このように、ひと月あたり800円の差があるので年間で1万円弱の通信費を節約することができる計算となります。

その上、ソフトバンクのスマホを使っていれば「おうち割 光セット」で、最大1,000円×10回線までの割引が受けられるのでさらにおトクです。

月額料金の安さはWiFiルーターの中でもだいぶ安い部類に入るので、この点は非常に高評価です。

工事不要でインターネットが使えるホームルーターを探している人にオススメ

ここまで解説してきた内容をまとめると、

モバレコAirがオススメな人
  • 開通工事で壁に穴を開けたり部屋に他人を入れたりしたくない人
  • WiFiルーターやパソコンの面倒な設定をしたくない人
  • 一度契約したら4年間は使い続けられる人
  • もとからソフトバンクエアーに申し込もうと思っている人

ならモバレコAirが向いていると言えるでしょう。

特に、もとからソフトバンクエアーに申し込もうと思っているなら、月額料金が800円も安いモバレコAirで契約することをオススメします。

モバレコAirのよくある質問

最後に、モバレコAirについてよくある質問について回答して終わります。

回線速度はどれくらい?

モバレコAirの通信速度は、2019年3月22日に発売されたばかりの最新機種「Airターミナル4」で下り最大962Mbpsです。

これまで販売されていた「Airターミナル3」は下り最大350Mbpsなので、約2.7倍も通信速度が速くなった計算となります。

ただし、一般的な光回線は1Gbpsに対応しており、WiMAX2+では最大1.2Gbpsに対応している機種もあるので、それらと比べると若干見劣りしてしまいます。

ただし、これらの数値はあくまで技術上可能な最大値であるため、常にこの通信速度が出る訳ではありません。

契約者住所以外での使用可否について

モバレコAirの契約者住所以外で使用すると、ソフトバンク側で強制的に契約を解除させられてしまう可能性があります。

使える機種の「Airターミナル4」は、本体の重量が635gなので持ち運びしようと思えばできなくはない重さです。

たとえば仕事場のオフィスや車の中、持ち運んで使いたいという人もいるかもしれませんが、強制解約させられてしまうかもしれないのでやめておいた方が無難かと思います。

他社からの乗り換えで特典はある?

他社の違約金を最大10万円まで保証してくれる「あんしん乗り換えキャンペーン」があります。

そのため、もし仮に今使っているインターネット回線が更新月ではなかったとしても、実質0円でモバレコAirに乗り換えることができます

ただし、一度ご自身で違約金や撤去工事費を負担した上で、キャッシュバックを受け取るための手続きをする必要があります。

手続きを忘れてしまうとキャッシュバックを受け取る権利がなくなってしまうので、絶対に忘れないようにしましょう。

提供エリアか調べる方法について

いま住んでいる住所がモバレコAirの提供エリアか確認する方法は、


モバレコAirのトップページにアクセスして、画像の赤枠内の「エリアを確認する」ボタンを押し、必要事項を入力してメッセージを送るだけです。

あとはオペレーターが折り返しの電話連絡で提供エリア内であるかどうかを教えてくれるので、そこで契約するかどうかを決めればOKです。

通信制限はある?

通信制限はありません

ただし、膨大な量のデータ通信を継続的に行うと、キャリア側の判断で速度制限が課される可能性があります。

WiMAX2+のように3日で10GBといった具体的な数値は公表していないので、どれくらい使ったら速度制限が課されるのかは不透明です。

筆者がソフトバンクエアー(Airターミナル3)を使っていますが、体感的に1日10GBを超えると翌日に遅くなる傾向があるように感じています。

いずれにせよ、高画質の動画再生は1日2時間程度にとどめておくようにしましょう。

キャンセルはできる?

モバレコAirに申し込んだものの、使用感がいまいちという人は「初期契約解除」を利用すれば申し込みをキャンセルすることができます。

申し込んだ日から数えて8日以内にグッド・ラック社に連絡をすれば、違約金が発生することなくモバレコAirを返却できるので覚えておきましょう。

ただし、申し込みをキャンセルできるといっても、それまで使用したデータ通信量や契約時の事務手数料3,000円などは請求される点にはご注意ください。

モバレコAir・ソフトバンクエアー・WiMAX2+の中でどれがオススメ?

モバレコAir・ソフトバンクエアー・WiMAX2+の中でどれがオススメであるかは利用者の用途によります。

ただし、月額料金の観点で言えば、モバレコAirが断トツで安く使うことができます

そのため、自宅に設置するホームルーターを探しているのであればモバレコAirを契約する価値は大いにアリだと言えます。

料金比較表

おうち割なし

おうち割なしモバレコエアーモバレコエアー
(キャッシュバックあり)
他社AirWiMAX_L02
1、2カ月1,970円1,970円3,800円2,170円
3~12か月3,344円3,344円3,800円3,480円
13~24か月3,344円3,344円4,880円3,480円
25~36か月4,880円4,880円4,880円3,480円
キャッシュバック額0円-28,000円-35,000円0円
2年総額80,508円52,508円72,160円83,900円
3年総額139,068円111,068円130,720円125,660円

おうち割あり

おうち割ありモバレコエアーモバレコエアー
(キャッシュバックあり)
他社AirWiMAX_L02
1、2カ月2,470円2,470円4,300円2,170円
3~12か月3,844円3,844円4,300円3,480円
13~24か月3,844円3,844円4,880円3,480円
25~36か月4,880円4,880円4,880円3,480円
キャッシュバック額0円-28,000円-35,000円0円
2年総額92,508円64,508円78,160円83,900円
3年総額151,068円123,068円136,720円125,660円

まとめ

モバレコAirのまとめ

  • モバレコAirの中身はソフトバンクエアーとまったく同じ
  • 月額料金だけはモバレコAirの方が圧倒的に安い
  • WiMAX2+と比べてもモバレコAirの利用料金は安い
  • 契約期間と分割支払い回数のズレに注意
  • ホームルーターを探しているならモバレコAirがオススメ

以上、モバレコAirの口コミや評判、ソフトバンクエアーやWiMAX2+との比較、モバレコAirのメリット・デメリットについての徹底解説をお送りしました。

モバレコAirの中身はソフトバンクエアーとまったく同じサービスですが、月額料金だけは圧倒的に安く使えます

そのため、普通にソフトバンクエアーを申し込むよりもモバレコAirで契約した方が年間1万円弱の通信費を節約できるのでオススメです。

WiFiルーター選びのプロである筆者から見ても、月額料金が安く感じる魅力的なサービスなので、ぜひこの機会にモバレコAirをご検討ください。

スポンサーリンク

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。