1. ホーム
  2. 口コミ・評判
  3. ≫SAKURA WiFiを実測レビュー!口コミ・評判を徹底検証します

SAKURA WiFiを実測レビュー!口コミ・評判を徹底検証します

筆者は外でノートパソコンを利用することが多いため、ここ1年くらいWiMAXを利用しているのですが、WiMAXだと不便に感じる瞬間が多々あったりします。

そもそも周波数の関係でWiMAX回線は屋内に弱かったりしますし、地方都市にいったりするとやっぱりLTEよりも繋がるエリアが狭いわけです。

そんなわけで「やっぱりLTE回線のモバイルルーターが必要だ」と強く感じたので、新たにポケットWi-Fiを探すことになりました。

そんな中で最大の候補に挙がったのがSAKURA WiFiです。

LTEは無制限だし、それでいて月額料金は3,680円と良心価格。

ただし慎重派である筆者は、ひとまずネットでの口コミを調べてみることにしました。

【追加情報】
2019年6月11日より付加機能使用料4,980円が廃止され、契約事務手数料も以前より980円安い3,000円となりました。
SAKURA WiFiは初期費用が他に比べて高いのが唯一のネックだったので、これがなくなったのは非常に大きいです!

SAKURA WiFi公式サイトへ

口コミ・評判

筆者は口コミを探すときは基本的にTwitterを利用するのですが、今回見つかったSAKURA WiFiの口コミはこんな感じです。

そもそもSAKURA WiFiに関する口コミが少なかったのですが、見つかった口コミを見てみるとおおむね満足しているような感じでした。

というわけで、まぁ悪い口コミがないなら大丈夫だろうということで、思い切って契約をしてみることにしました。

レビュー

口コミではそこまで悪い評価ではなかったSAKURA WiFiですが、本当に悪い点はないのか?それを実際に検証してみたいと思います。

今回SAKURA WiFiのレビューをする上で、僕が1年ほど利用しているWiMAXと比較をしてみたいと思います。

念のため、それぞれのスペックは以下の通りです。

WiMAXSAKURA WiFi
端末HUAWEI
Speed WiFi NEXT W05
HUAWEI
602HW
サイズ約W130×H55×D12.6mm幅109.9×高さ65.1×厚さ15.5mm
通信方式WiMAX 2+
au 4G LTE
4G方式:FDD-LTE(900MHz/1.5GHz/1.7GHz/2.1GHz)
4G方式:AXGP(2.5GHz)
4G方式:TDD-LTE(3.5GHz)
3G方式:W-CDMA(900MHz/2.1GHz)
通信速度受信最大708 Mbps/ 送信最大75 Mbps4G(AXGP+TDD-LTE):下り最大612Mbps※3 / 上り最大13Mbps
4G LTE(FDD-LTE):下り最大350Mbps※4 / 上り最大37.5Mbps
連続通信時間/連続待受時間連続通信時間(ハイスピードモード:WiMAX 2+)
ノーマルモード:約540分
連続待受
クイックアクセスモードOFF時:850時間
約8.5時間※5/約850時間
Wi-FiIEEE802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz対応)IEEE 802.11a/b/g/n/ac (2.4GHz、5GHz)

スペック上ではWiMAXの方がはるかに回線速度は速く表記されておりますが、実際のところどうなのよ?というところを今回検証してみたいと思います。

駅構内

まず初めに測定をしたのは人があふれるターミナル駅の改札前です。


SAKURA WiFi下り11.43Mbps上り25.46MbpsWiMAX下り8.61Mbps上り11.83Mbps

屋内ということもあり、やはりLTEを使用しているSAKURA WiFiの方がわずかに速度が出ました。

高層ビル

続いては高層ビルの29階にて測定を行いました。

高層階+鉄骨造ということで、高層マンションに住んでいる方も参考になるかと思います。

結果は以下の通り。


SAKURA WiFi下り18.35Mbps上り15.70MbpsWiMAX下り13.16Mbps上り4.73Mbps

高層階にせよ、条件は屋内ということもあり、やはりLTEの方が電波の掴みが良いようです。

屋外

最後に測定したのは、モバイル回線が最も得意とするのが屋外です。

ビルに囲まれた場所での測定なので完璧な条件とは言えませんが、周りに建物が何もない条件で利用することの方が少ないと思うので、この場所で測定を行うことにしました。


SAKURA WiFi下り18.35Mbps上り15.70MbpsWiMAX下り13.16Mbps上り4.73Mbps

上りに関してはどちらも同じくらいの速度ですが、下りに関してはやはりLTE回線のSAKURA WiFiの方が速度が出ることがわかりました。

まとめ

実際に使ってみて感じたこととしては、やはり屋内で利用する分にはLTEの方が圧倒的に快適だということです。

とはいっても、購入型のポケットWi-Fiだと月のデータ使用量が7GBを超えると速度が著しく低下してしまうので、データ使用量が多い人にとって候補に入るのはSAKURA WiFiのように無制限で使えるレンタル型のWiFiです。

また、最近ではレンタルWiFiといっても多くの会社がサービス提供しておりますが、どれも月額料金が4,000円を超えるものばかりなので、料金面を考えても3,680円で利用できるSAKURA WiFiが圧倒的にコスパが高いです。

どのモバイルルーターにしようか悩んでいる方、是非SAKURA WiFiを利用してみることをオススメします。

SAKURA WiFi公式サイトへ
スポンサーリンク

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。