1. ホーム
  2. 基礎知識
  3. ≫ポケットWi-Fiとは?どんな人が使うモノ?分かりやすく解説します!

ポケットWi-Fiとは?どんな人が使うモノ?分かりやすく解説します!

ノートパソコンやタブレットを外出先でインターネットに接続するための端末としてポケットWi-Fiという選択肢があります。

皆さんも一度くらい聞いたことがあるのではないでしょうか?

ただ、聞いたことはあっても

「自宅のWiFiと何が違うの?」
「WiMAXとLTEって何が違うの?」

こういう疑問を持つ人も多いかもしれません。

本記事ではそんな疑問を持つ人のためにポケットWi-Fiとは一体なんなのか、どういう人が利用するためのものなのかについて詳しく解説をしたいと思います。

是非参考にして下さい。

スポンサーリンク

ポケットWi-Fiとは

まず当たり前過ぎる話からしますと、あらゆる通信機器は、インターネット回線に接続することで初めてインターネットに繋ぐことが出来ます。

スマートフォンがインターネットに接続できるのは、ドコモ・au・ソフトバンクといった携帯電話会社と契約をして、インターネット回線を提供してもらっているからインターネットに繋がるわけですね。

それではノートパソコンの場合はどうでしょう?

ノートパソコンは携帯電話会社と契約をしているわけではないので、家電量販店でノートパソコンを購入してきてもそのままの状態で外でインターネットに接続することは出来ません。

そうです、別途インターネット回線を用意する必要があるのです。

ちなみに自宅にADSLや光回線といったインターネット回線がある場合は、LANケーブルや無線LANルーターがあればすぐにインターネットに接続することは可能です。

それでは自宅ではなく、外でノートパソコンを使いたい・・・そんなときはどうすればいいのでしょう?

ずばり、そこで活躍するのがポケットWi-Fiなのです。

ポケットWi-Fiは手の平に収まる小さなWiFiルーターで、ポケットWi-Fiが近くにあればノートパソコン・タブレット・スマートフォン・携帯ゲーム機といった、あらゆる通信機器を家の中でも外でもインターネットに繋ぐことが可能になるのです。

呼び方

ところで、ポケットWi-Fiは『モバイルルーター』や『WiMAX』など色々な呼び方をされていますが、それぞれどんな違いがあるのでしょうか?

以下の表をご覧ください。

ポケットWi-Fiワイモバイル社が提供するモバイルWi-Fiルーターのこと
モバイルWi-Fiルーター持ち運びが可能なWi-Fiルーター
WiMAXUQコミュニケーションズが提供する高速通信の無線通信規格
WiMAX2+WiMAXの通信速度を更に高速化した第四世代の無線通信規格
プロパイダインターネットの接続サービスを提供する事業者

以上のように、厳密に言えばそれぞれ定義は異なります。

ただ正直に言ってどれも「外でネットに繋ぐためもの」という意味で使われているので、言葉の違いをそこまで深く気にする必要はないかもしれません。

ポケットWi-Fiを使うメリット

どこでもネット接続ができる

ポケットWi-Fiは、自宅のほかにネット環境が整っていないカフェや公園などの外出先でも自由にインターネットの利用が出来ます。

ポケットWi-Fiの提供エリア内であれば、電車などの移動中でもインターネットの利用が可能となります。

なので、出掛けることが多い方でインターネットの通信量が多い方は、ポケットWi-Fiを持ち運ぶだけで1日中ネットを快適に利用出来るという点で持っていて損はないはずです。

PC・スマホ・タブレットに接続可能

スマホのほかに、パソコンやタブレットなどをお持ちの方は、同時に複数の通信機器と接続が可能なので、ルーター1台あるだけでネット環境の幅が広がります。

WX02ルーターの場合、最大10台の通信機器と接続が出来ます。

パソコンやスマホなど同時に通信機器を利用することが多くなりそうな方は、1台のルーターで通信量を補えるという点で大きなメリットになります。

工事が不要

ポケットWi-Fiは、固定回線のような工事が不要なので、工事費がかかることも、工事に立ち会う時間も必要ありません。

固定回線は引っ越しをする際に、転居先で再度工事費の支払いがあったり、解約をする際に違約金が発生してしまう場合もあるので、料金的にも時間的にもコスパが悪いと言えます。

その点、ポケットWi-Fiは、ただ引っ越し先に移動するだけなので、工事費や違約金などは発生しません。

ただ、引っ越し先が地方でポケットWi-Fiの電波がつながらない場合もあるので、提供エリアを確認する必要があります。

ポケットWi-Fiのデメリット

充電が切れることがある

ポケットWi-Fiは、使い続けるとスマホ同様、充電が切れてしまうことがあります。

ルーターや接続台数によってWi-Fiの持ち時間は異なりますが、約5時間〜10時間は充電をしなくても利用することが出来ます。

ポケットWi-Fiの充電切れを極力なくすためには、スマホを利用しない時間はポケットWi-Fiの電源をオフにすることや、無駄にポケットWi-Fiと接続している通信機器があれば、小まめに切断するなど、節約を徹底することが大切です。

また、ポケットWi-Fiには『エコモード』という消費電力を抑える設定があるので、試してみても良いでしょう。

電波が不安定

ポケットWi-Fiは、電波が入りやすい場所では、
回線速度が気にならないくらい快適にインターネットの利用が出来ますが固定回線と比べると、ポケットWi-Fiは、電波が不安定で回線速度が遅いです。

提供エリア内であっても、コンクリートの建物や地下に入ると電波が届かないことがあります。

ポケットWi-Fiでは、確実に安定した電波でインターネットの利用が出来るかといえば、そうではないという事です。

通信制限がある

ポケットWi-Fiでは『使い放題プラン』であっても、実際は『3日間で10GBまで』『異常な通信利用量のヘビーユーザーの場合は制限をかける』など細かい速度制限があります。

気軽に動画を見たりネットゲームをする程度のインターネットの利用量なら、速度制限はそこまで気にしなくて良いと思いますが、固定回線のように、通信量を全く気にせずインターネットの利用が出来るという訳ではありません。

重いファイルやゲームのダウンロードが多い方はポケットWi-Fiではなく、固定回線を選択した方が良いでしょう。

まとめ

ポケットWi-Fiは、外出先でパソコンの作業をしたいと考えている方や出掛けることが多く、動画閲覧やネットゲームの利用をよくする方はストレスなくインターネットの利用が出来るという点でポケットWi-Fiはオススメです。

固定回線と比べてみると固定回線の方が、電波が安定しているので、パソコンで主に長時間動画を見る方や、ファイルやゲームのダウンロードが多い方、引越しをする予定がない方は、固定回線の方が魅力的と言えます。

自宅でもポケットWi-Fiは利用出来るので、特に固定回線のように速度が安定して早い方が良いなど、こだわりがなければポケットWi-Fiだけでも十分ネットの利用が可能です。

ただ場所によって通信速度が変わってしまうので、ポケットWi-Fiの利用が可能なエリアなのか、確認した方が良いでしょう。

スポンサーリンク

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。