楽天ひかりは要注意?光回線の口コミ・評判32選とデメリットを紹介!

楽天カード、楽天銀行、楽天モバイル、楽天ペイなどなど・・・。

生活にかかわるあらゆるものを楽天でまとめて楽天スーパーポイントを貯めている人が最近増えています。

あらゆるサービスを楽天でまとめることにより、楽天ポイントを貯めて、さらにポイントで買い物や投資をするといったように、消費から貯蓄までを楽天で完結させることを楽天経済圏なんて呼んだりもするほどです。

そして楽天は光回線も提供しているため、楽天ユーザーであれば当然加入を検討するでしょう。

しかし、楽天であれば無条件で契約するという人もいれば、本当にデメリットがないのか確証を得てから申し込みたいという人もいるはずです。

というわけで本記事ではそんな楽天の光回線についての

  • メリット・デメリット
  • 口コミ・評判

についてフォーカスしてみたいと思います。

是非参考にしてみてください。

お得なキャンペーンをチェック!  

スポンサーリンク

楽天ひかりの特徴

楽天ひかりはNTT東日本/NTT西日本のフレッツ光回線と楽天との「光コラボレーション」です。

光回線の速度はそのままに楽天独自のサポートを受けることができます。

インターネット利用料金が微妙に安い

楽天ひかりのメリットとして挙げられるのが、月額基本利用料金が微妙に安いのが特徴になっています。

戸建てで4,800円/月、マンションでは3,800円/月という金額になっています。他の「光コラボレーション」の基本利用料金と比較しましょう。

戸建てマンション
auひかり5,100円(3年目以降4,900円)3,800円
ドコモ光5,200円4,000円
ソフトバンク光5,200円3,800円
OCN光6,200円4,700円

ズバ抜けて安いとは言いづらいですが、OCN光と比べてみるとかなり割安になります。

基本利用料金という点にだけ注目をすると楽天ひかりは数ある光回線の中で最も安い業者の1つと言えます。

毎月楽天ポイントが付与される

楽天と言えば、楽天市場や楽天カードなど楽天のサービスを利用することで楽天内で利用できる楽天ポイントが貰える、というのはお馴染みかもしれません。

楽天ひかりを利用することで、毎月200ポイントが付与されます。1年間で2,400ポイントが手に入ります。

1ポイント1円なので約2,400円分の買い物が楽天市場にできることになり、実質月額利用料金が200円引きされていると言っても過言ではないでしょう。

また楽天ポイントでは

  • 楽天ブックスで本やDVDの購入
  • 楽天デリバリーでピザやオードブルのケータリング
  • 楽天トラベルでホテルを予約
  • 楽天ビューティーでネイルやヘアサロンを予約

といった用途にも使えます。

楽天ひかりのデメリット

「インターネットの基本利用料金が安い」ことと「毎月楽天ポイントが付与される」というのが楽天ひかりの強みでした。

ですが当然ながら他社と比較した時にデメリットも多数あります。

スマホ割引がない

よその「光コラボ」だと利用スマートフォンが割安になるセット割引があることが多いです。

例えば「auひかり」の場合はauスマートフォンが最大2,000円/月安くなる、「ソフトバンク光」であれば1,000円/月携帯電話代が安くなります。

「ドコモ光」以外は家族全員に適用されるため、家族が多いほどお得になるため、かなりの節約効果が期待できます

また大手三大キャリア以外にも格安SIMスマホを利用している人にも割引になるネット回線も多数あります。

ところが楽天ひかりではこのようなスマホ割引がありません。基本料金こそ安いものの、スマートフォン割引を計算してみると実は他社の方がトータルで見ると安くなるということもザラです。

各スマホの割引の詳細については以下を参照ください。

キャッシュバック率が低い

  • 新規光回線お申し込み
  • 他社サービスから転用の方
  • 楽天ブロードバンドから転用の方

の3パターンで楽天ひかりに入ると月額利用料金が最大4ヶ月分、金額にして19,200円が無料になる特典があります。

ただしこちらのキャンペーンは楽天ひかりの公式サイトを見ると2018年6月1日(金)10:00~2018年8月31日(金)16:59までとなっています。

後日にまた同様のキャンペーンがあるかもしれませんが、通常時のキャッシュバックは新規契約が10,000円でフレッツ光からの乗り換えが5,000円という価格になっています。

一方他の人気プロバイダでのキャッシュバックは以下のようになっています。(一部抜粋)

キャッシュバック
auひかり違約金最大30,000円までKDDIが負担+12ヵ月間の月額利用料割引
ソフトバンク光回線工事費または月額利用料金24,000円までキャッシュバック
ドコモ光・工事料最大18,000円が無料
・dポイント最大10,000ptプレゼント
NURO光・月額基本料金 30ヵ月割引(1,334円 × 30ヵ月)
・モバイル回線の通信料金から10,260円(1,026円 × 10ヵ月)割引

また「auひかり」などはネットの代理店を通すことで、キャッシュバック35,000円+無線LANニンテンドースイッチなどの商品が受け取れるといった特典を備えている代理店もあります。

各社のキャッシュバックや代理店特典については下記記事を参考にしながら賢い回線選びをしていただければ幸いです。

一応楽天ひかりでもアウンカンパニーという代理店を通した場合は15,000円又は12,000円+無線LANルーター付与のキャッシュバックを受けることができます。

口コミ・評判


2020年4月以前までは楽天ひかりの速度はかなり不評だったんですが、2020年4月20日以降IPv6接続に対応してから大幅に改善されたとの口コミが増えています。

Twitterの口コミ・評判

楽天ひかりのキャッシュバック・キャンペーン

順位代理店代理店限定キャンペーン
1NEXT【新規】
15,000円キャッシュバック
【乗り換え】
5,000円キャッシュバック
1アウンカンパニー【新規】
15,000円キャッシュバック
12,000円キャッシュバック
+高速無線ルーター
【乗り換え】
5,000円キャッシュバック
2シナジーパートナーズ【新規】
20,000円キャッシュバック
【乗り換え】
5,000円キャッシュバック
3ムーン&サン【新規】
15,000円キャッシュバック
【乗り換え】
5,000円キャッシュバック
4楽天ひかり公式【新規】
15,000円キャッシュバック(指定サービス加入)
【乗り換え】
7,000円キャッシュバック(指定サービス加入)
+
楽天ひかり公式キャンペーン

最大4か月間月額無料
・楽天スーパーポイント毎月200ポイントが貯まる

一番お得なキャンペーンサイトへ

まとめ

はっきり言ってau、ドコモ、ソフトバンクの3大キャリアを使用している人たちが楽天ひかりを選ぶ理由はありません。

セット割が適用される光回線であれば、毎月携帯電話の料金が数千円も安くなるので、そちらのほうが断然お得です。

しかし、楽天モバイルを契約している人や、その他楽天ユーザーにとっては毎月200ポイント、年間で2400ポイント貯まるというのは何にも代えがたい大きなメリットです。

むしろ銀行やスマホ、クレジットカードを楽天でまとめているのに、光回線を楽天にしないのは中途半端です。

一度楽天経済圏に入ったのなら、徹底的にまとめてしまった方がお得であることは明らかです。

楽天ユーザーは問答無用で楽天ひかりを選びましょう。

『高額キャッシュバックキャンペーン開催中』
楽天ひかりへ

楽天ひかりの契約者様の口コミを募集しております。
お気軽にコメント欄に感想をお寄せください!

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください