1. ホーム
  2. 光回線
  3. ≫So-net光電話の総まとめ!料金やオプション、注意点を徹底解説!

So-net光電話の総まとめ!料金やオプション、注意点を徹底解説!

固定電話を利用している場合、インターネット回線とは別にNTTと契約しているご家庭は多いかと思います。

実は、So-net光プラスを利用している人だけが使える「So-net光電話」なら、月額たったの500円で固定電話を利用することができます。

NTTの固定電話は毎月1,700円程度の基本料金+通話料が必要なので、So-net光電話に変更するだけで大きな節約が可能です。

光回線を利用しているので通話品質が落ちることもなく、今まで使っていた電話機をそのまま使うこともできるので煩わしい手間は一切かかりません。

さらに、auのスマホを使っていて「So-net光電話」を契約すれば「auスマートバリュー」が適用されて、最大で2,000円の割引が毎月受けられるようになります。

そこでこの記事では、So-net光電話の料金やオプション、注意点について徹底解説していきます。

  • これからSo-net光プラスに申し込もうと思っている人
  • So-net光電話が気になっている人
  • auのスマホを使っている人

上記に当てはまる人は、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

So-net光電話について

So-net光電話は、So-net光プラスを利用していれば使えるIP電話サービスです。

So-net光電話の特徴は以下の通りです。

So-net光電話の特徴
  • NTT加入電話が不要で月額料金はたったの500円
  • 通話品質もこれまでの固定電話と変わらない
  • すでに使っている電話機や電話番号をそのまま使える
  • もちろん、緊急通報や災害用伝言ダイヤルも使用可能
  • 割り込み通話やテレビ電話などオプションも豊富
  • auスマホとセットで使えば毎月最大で2,000円の割引が適用

So-net光電話は、毎月500円で固定電話と同等の音質の通話が利用できるのでとてもおトクです。

今までの電話番号も番号ポータビリティで継続利用ができ、電話機もこれまでと同じ物が使えるので買い直す必要はありません。

auのスマホを使っていれば、毎月最大で2,000円の割引が受けられる「auスマートバリュー」が適用されるので、さらに毎月の料金を節約して使うことができます。

So-net光電話の料金

So-net光電話を利用するためにかかる費用を確認していきましょう。

So-net光プラスには様々な料金プランがありますが、So-net光電話は下記のコースの場合に利用することができます。

  • So-net光プラス(戸建)<東日本>
  • So-net光プラス(マンション)<東日本>
  • So-net光プラス(戸建)<西日本>
  • So-net光プラス(マンション)<西日本>

※So-net光コースを含みます

普通にSo-net光プラスに申し込むと上記のコースのいずれかになるので、料金プラン選びで特に意識して選ぶ必要はないので安心してお申し込みください。

初期費用

So-net光電話を利用する際、初期費用として「事務手数料」と「工事費」がかかります。

事務手数料

申し込み対象種類費用
So-net光プラス/So-net光と同時申し込み新設/転用3,000円
So-net光電話のみ申し込み新設0円
転用1,800円

工事費

分類単位費用
基本工事費伺った上での機器工事1工事ごと4,500円
交換機器工事のみ1工事ごと1,000円
交換機器等工事費基本機能1回線ごと1,000円
発信者番号通知を変更する場合1番号ごと1,000円
既に使っている番号の移行 ※1番号ごと2,000円
ホームゲートウェイ工事費設置費1装置ごと1,500円
設定日1装置ごと1,000円

※利用していた一般加入電話などを休止し、同じ番号をSo-net光電話で利用する場合
※NTTの加入電話などを休止する場合は、別途、利用休止工事として2,000円の費用が必要です

すでにSo-net光プラス/So-net光を利用していて、これから新しく「So-net光電話」に申し込むのであれば、無料で設置することができます。

So-net光プラス/So-net光と同時に申し込む場合は3,000円の手数料が必要ですが、基本工事費が減額されるのでおトクに利用することが可能です。

月額料金

So-net光電話料金プラン

料金プラン単位費用
基本プラン1利用回線ごと500円
セットプラン1利用回線ごと1,500円

So-net光電話の月額料金は500円と非常に安いです。

基本プランでは、電話回線1回線の利用、高音質での通話、緊急通報(110番・118番・119番)など、固定電話として基本的な機能を利用することができます。

セットプランでは、基本プランで使える機能に加えて、

  • 発信者番号表示サービス
  • ナンバー・リクエスト
  • 通話中着信サービス
  • 着信転送サービス
  • 着信拒否サービス
  • 着信お知らせメール
  • 月最大3時間相当(480円分)の無料通話
    • 翌月へ繰り越し可能

といったサービスが含まれているので非常に便利です。

なお、基本プランからセットプランに変更する場合は、1利用回線ごとに1,000円の工事費用がかかるのでご注意ください。

ホームゲートウェイ利用料金

種別利用形態月額費用
東日本エリア
So-net光プラス(戸建て)
100M・200M西日本エリア
So-net光プラス(戸建て)
So-net光プラス(マンション)
無線LANカードあり100円
無線LANカードなし0円
2枚目以降1枚ごとに
無線LANカード追加
100円
東日本エリア
So-net光プラス(マンション)
100M・200M
無線LANカードあり100円
無線LANカードなし0円
2枚目以降1枚ごとに
無線LANカード追加
100円
東日本エリア
So-net光プラス(戸建て)
So-net光プラス(マンション)
1Gbps
1G対応ルータ300円
2枚目以降1枚ごとに
無線LANカード追加
100円

NTT東日本/NTT西日本からの転用の場合は、既に使っているホームゲートウェイをそのまま利用できます。

その場合、So-netから利用料金の請求が来るので忘れないようにしましょう。

通話料金

ここでは通話料金について一覧にまとめたものをご紹介します。

通話先通話料
So-net光電話や一般加入電話8円/3分
117(時報)、171(災害用伝言ダイヤル)8円/3分
携帯電話NTTドコモ、旧ワイモバイル16円/1分
沖縄セルラー、KDDI、ソフトバンク東日本:17.5円/1分
西日本:18円/1分
データコネクト帯域64Kbpsまで1円/30秒
帯域64~512Mbpsまで1.5円/30秒
帯域512~1Mbpsまで2円/30秒
テレビ電話テレビ電話対応機器からFOMA30円/1秒
テレビ電話対応機器から
テレビ電話対応機器
帯域2.6Mbpsまで15円/3分
帯域2.6Mbpsから100円/3分
国際電話9円/1分※

※ハワイを除くアメリカの通話料金。それ以外は「国際電話料金一覧」をご参照ください

So-net光電話同士や、NTT東日本/NTT西日本が提供している「ひかり電話」、一般加入電話との通話料金は8円/3分です。

写真やファイルなどを通話先の人と共有できるデータコネクトを利用する場合は、利用する帯域によって料金が変わるので確認しておきましょう。

オプション料金

ここではSo-net光電話をより便利に使えるようにするオプション(付加サービス)についてご紹介します。

サービス名称内容月額料金工事費用 ※1
マイナンバー最大5つの電話番号を利用可能100円/番号単位700円
ダブルチャネル同時に2回線分の通話を利用できる200円/回線単位1,000円
発信者番号表示サービス発信者から通知された番号を表示する400円/回線単位 ※21,000円
ナンバー・リクエスト非通知の着信を拒否し、発信者へは発信電話番号の通知を促すガイダンスを送る200円/回線単位 ※21,000円
通話中着信サービス通話中に着信があった場合、フック操作により切り替えて通話が可能300円/回線単位 ※21,000円
着信転送サービスかかってきた通話を他の電話番号に転送する500円/番号単位 ※21,000円
着信拒否サービス迷惑電話などを登録し着信を拒否する200円/回線・番号単位 ※21,000円
着信お知らせメール指定のメールアドレス(最大5つ)に通知する100円/番号単位1,000円
FAXお知らせメールお客様の代わりにFAXを受信して預かり、受信情報を指定のメールアドレス(最大5つ)に通知し、FAXはPCなどからログインすることで閲覧できる100円/番号単位1,000円
#ダイヤル#と4桁の数字から成る番号を設定し、その番号でSo-net光電話とNTT東日本/西日本のひかり電話からの通話を受けられる15,000円
(全国利用型)
700円/番号単位
1,000円/工事費
10,000円
(ブロック内利用型)
700円/番号単位
1,000円/工事費

※1 So-net光電話と同時工事の場合は減額されます
※2 セットプラン利用の場合は月額料金内で利用可能です

So-net光電話に加入すると「auスマートバリュー」が使える

auのスマホや携帯電話を使っている人がSo-net光電話に加入すると、毎月のスマホ代が最大で2,000円も割引になる「auスマートバリュー」が利用できます。

利用しているau携帯電話の料金プランによって割引額が変わるので、自分のプランを確認した上で下記の一覧表をご確認ください。

au料金プラン割引額
auピタットプランシンプル1GBまで:対象外
1~2GBまで:500円/月
2~20GBまで:1,000円/月
スーパーカケホ
カケホ
2GBまで:500円/月
2~20GBまで:1,000円/月
auフラットプラン 20GB/30GB
auフラットプラン Netflixパック
auフラットプラン 5(学生専用)
1,000円/月
データ定額1最大2年間:934円/月
3年目以降:500円/月
データ定額2/3
ジュニアスマートフォンプラン
カケホ(3G・データ付き)
934円/月
データ定額5/20
LTEフラット
ISフラット
最大2年間:1,410円/月
3年目以降:934円/月
データ定額30最大2年間:2,000円/月
3年目以降:934円/月

auスマートバリューの割引対象は、So-net光プラスを利用している住所に住んでいる家族全員・最大10回線までです。

そのため、auのスマホやガラケーを使っている人の数が多ければ多いほど割引額が大きくなり、毎月の通信費を節約することができます。

また、50歳以上の家族なら離れて暮らしていてもauスマートバリューが適用されるので、さらにおトクに利用可能です。

So-net光電話の注意点

最後に、So-net光電話に関する注意点をご紹介します。

So-net光電話の注意点
  • 停電などの理由によって使えなくなる場合がある
  • 使えない電話機がある

So-net光電話は、So-net光プラス/So-net光で提供するインターネット回線を介して通話を行うサービスです。

そのため、災害時などの停電が起きた場合に利用できなくなる可能性があります。

また、基本的にはいままで利用していた電話機を継続して使うことができますが、一部の電話機ではSo-net光電話を利用することができません。

利用できない電話機は以下の通りです。

  • レンタル電話機
  • G4FAX
  • ディジタル電話機
  • ピンク電話(特殊簡易公衆電話)など
  • 通報機能を備えた福祉用電話

これらの注意点があることをしっかりと理解した上で、So-net光電話をご活用ください。

まとめ


So-net光電話のまとめ!

  • So-net光電話は月額料金500円で、これまでと同じ通話品質で利用できるIP電話サービス
  • いままで使っていた電話番号や電話機を継続して利用することが可能
  • 便利な付加サービス(オプション)が盛りだくさん
  • auスマートバリューで最大2,000円の割引が毎月受けられる

以上、So-net光電話について解説してきました。

So-net光電話は月々500円で使うことができ、NTT一般加入電話を持っていれば電話番号をそのまま利用することができるので、これまでと同じ使用感で月額料金だけを大幅に節約することができます

さらに、auスマホや携帯電話を使っていれば、auスマートバリューが適用されて毎月最大で2,000円の割引が受けられます。

通話に関する豊富なオプションサービスも取り揃えているので、固定電話の通話に関して不自由なことなく快適に利用することができるでしょう。

これからSo-net光プラスに申し込もうと思っていて、自宅で固定電話を使っているならSo-net光電話に切り替えることをオススメいたします。

以下の記事で、これからSo-net光プラスに申し込む人の役に立つ情報をまとめているのであわせてご覧ください。

スポンサーリンク

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。