ソフトバンクの5G回線とメリハリプランまとめ!料金・速度・提供エリアを解説

2020年3月27日からソフトバンクから国内初となる5G回線の提供を開始すると発表されました。

アメリカや韓国では既に5Gの商用化がスタートしていましたが、いよいよ日本でも5Gがスタートするということです。

  • どのような料金プランになるのか
  • どの辺のエリアで5Gが使えるのか

その辺について解説させていただきます。

関連記事:5G通信とは?第5世代モバイル通信規格について解説!

スポンサーリンク

ソフトバンク5Gの概要

5Gについてソフトバンクからどのような発表があったのかを箇条書きでお伝えさせていただきます。

  • 料金に関しては4Gプランの料金に5G基本料金の1,000円を上乗せした金額で利用することが可能
  • キャンペーンとして2年間は5G基本料金は0円で利用することが可能
  • キャンペーンの期間は8月末までに申し込んだ人が対象
  • ベースとなる4Gの料金プランは3月から刷新
  • 3月12日から提供が開始される「メリハリPLAN」がベースとなる料金プラン
  • メリハリPLANのベースは従来のウルトラギガモンスタープラス

メリハリプランの概要

5G回線はベースとなる4Gプラン(メリハリプラン)に「5G基本料金」をプラスすることで利用することが出来るとのことです。

それでは、そもそも5Gのベースとなるメリハリプランはどのような料金体系なのでしょうか。

料金プラン

公式発表の料金プランは割引がふんだんに盛り込まれている前提で、とても分かりづらかったので、割引を引っ剥がした料金をまとめてみました。

2~7ヵ月目8~25ヵ月目26ヵ月目~
基本プラン6,480円7,480円7,480円
5G付きプラン7,480円8,480円8,480円
5G無料キャンペーン適用(2年間)6,480円7,480円8,480円
5G無料キャンペーン+おうち割 光セット適用5,480円6,480円7,480円
5G無料キャンペーン+おうち割 光セット+みんな家族割適用(1人につき500円割引)※2人の場合4,980円5,980円6,980円
  • 「ギガを使わなかった月は勝手に割引!」がコンセプト
  • 動画SNS使い放題+大容量50GB(時間帯により速度制御有り)
  • 2GB以下の月は1,500円割引
  • 初月~6ヵ月間3,480円
  • 8ヵ月目以降5,480円(おうち割適用で4,480円)
  • 5G対応機種の場合26ヵ月目以降6,480円
おうち割とは

ソフトバンクのスマホと自宅のネット回線(ソフトバンク光)をセットで使うとスマホの月額料金が安くなる割引。

関連記事:ソフトバンク光のスマホ・携帯セット割「おうち割 光セット」が本当にお得なのか徹底解剖!

動画SNS使い放題

  • YouTube、プライムビデオ、アベマTV、TVer、GYAO、kurashiru、hulu、スタディサプリ、LINE、Twitter、Instagram、Facebook、TikTokなどが使い放題の対象アプリ
  • LINE通話、ビデオ通話、FacebookのMessenger、YouTubeライブ配信投稿など一部サービスは使い放題の対象外

5GLABベーシック

  • 3月27日に追加される5GLABベーシック(ARスクエア、VRスクエア、FRスクエア)も5G機種利用なら500円→0円
  • ARスクエア→好きなタレント・キャラと同じ空間に
  • VRスクエア→ライブ・スポーツの臨場感が目の前に広がる
  • FRスクエア→多視点で自由に楽しむ新映像体験
  • GAMEスクエア→PCゲームがスマホでプレイ可能に(使い放題の対象外)

通話オプション

  • 準定額オプション+(1回5分以内の国内通話が何度でも+800円)
  • 定額オプション+(24時間いつでも通話し放題+1,800円)

5Gの提供エリア

  • はじめは千葉県、東京都、愛知県、石川県、大阪府、広島県、福岡県の一部エリア(5G提供エリア

5G対応端末

  • 3月27日発売のZTE Axon 10 Pro 5G、AQUOS R5Gの2機種が5Gの対象

関連記事:5G対応スマホ4選!au・ドコモ・ソフトバンク総まとめ【2020】

回線速度

ソフトバンクで発売が予定されているスマホの中で、測定が完了しているAQUOS R5Gの通信速度はスペック上「下り2.0Gbps、上り103Mbps」とされております。

従来の「SoftBank 4G」は下り400Mbps、「SoftBank 4G LTE」は下り838Mbpsだったので、理論値としてはおよそ2~5倍の速度ということになります。

感想

3月27日以降に色々と新たな情報が出てくるでしょうが、現状では上記がおおまかなソフトバンクの5Gプランの内容です。

感想としては

  • 提供エリアが狭すぎる
  • テザリングはどうなる?

の2点です。

提供エリア

まず提供エリアについては、3G→4Gのときも提供開始直後はエリアは狭かったので、5Gでもある程度予測はしていましたが、まさかここまで狭いとは・・・。

5Gの提供エリアは拡大中なので、相当な物好きでない限り2020年のうちはまともに使えないと考えた方が無難です。

3月27日のリリース直後はもちろんのこと、2020年夏以降に提供予定のエリアも現時点では一部の地域しかないので、都市部でまともに使えるようになるのは2021年、全国に広く普及するのは2022年以降になりそうですね。

テザリング

それから、テザリングについては発表会でも触れられず、公式サイトにも明記されておりません。

もしテザリングが使い放題に含まれるのであれば、オンラインゲームをプレイする人を除いてはモバイルWiFiルーターは不要になりそうです。

それこそソフトバンクが展開しているソフトバンクエアーとか淘汰されそうなんですが、その辺の棲み分けはどうするんでしょう。

果たしてテザリングの位置付けやいかに。

新情報が入り次第、本記事は加筆・修正をしていきます。

それでは。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください