1. ホーム
  2. 光回線
  3. ≫WiFiルーターおすすめ5選!アナタに最適な無線LANの選び方を解説!【2018】

WiFiルーターおすすめ5選!アナタに最適な無線LANの選び方を解説!【2018】

引っ越しをして新たに固定回線を契約したりすると、新たにWiFiルーターの購入を検討される方も多いと思います。

しかし、いざWiFiルーターを探し始めると「正直どれを選べばいいのか分からない」と感じてしまう人も多いのではないでしょうか?

スマホであれば、サイズや形が違ったり、カメラの画質が違ったり、防水機能の有無であったり、端末によってスペックの違いが明確で、なおかつ私たちに馴染みのある機能の違いなので、どれを選べばいいか自分自身で判断しやすいです。

しかしWiFiルーターとなると、正直私たちが普段聞いたことがないような馴染みのない単語や数字の違いばかりで、どれが良くてどれが悪いのか一見分かりにくいです。

ただし、そうは言ってもWiFiルーターは人によって最適の機種は大きく異なるので、適当に選んでしまうと「ネットが繋がりにくい・・・」なんてことは十分起こりえます。

というわけで、この記事ではWiFiルーターの選び方を解説したうえで、おすすめの機種をランキング形式で紹介させていただきたいと思います。

是非、購入の参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

WiFiルーターの選び方

ビームフォーミング

電波というのは一般的に一方向ではなくあらゆる方向へと飛び、壁にぶつかりながら最終的に端末で受信することになります。

しかしビームフォーミングと呼ばれるWiFi高速化技術を使うことで、あらゆる方向へと飛散していた電波を、文字通りビーム(光の束)にフォーミング(形成)して端末へと発せられるので、より正確に無線信号を受け取ることが出来るのです。

マンションに住んでいる人は必須ではありませんが、2階建て以上の一戸建てに住んでいる人はなるべくビームフォーミングに対応しているルーターを選びましょう。

11ac

仮に自宅の光回線の速度が理論値として最大200Mbpsだったとしても、WiFiルーターの通信規格が「11a」や「11g」や「11b」のみに対応している機器だった場合、実際に出る速度の上限は理論値11Mbps~54Mbps程度で頭打ちになってしまいます。

現在主流となっているのは「11ac」であり、現行では最大速度433Mbps~1.73Gbpsまで対応している製品もあるので、自宅の光回線を最大限に生かしたい人は「IEEE802.11ac」に対応しているかどうかをチェックしましょう。

MU-MIMO

端末に向けて集中的に電波を送るビームフォーミングを利用し、空間多重によって複数の端末と速度を落さず同時通信できる機能がMUーMIMOです。

従来のMIMOだと通信は1台ずつの時分割多重で順番に接続をしていたので複数台接続をすると通信速度が低減してしまっていたんですが、MU-MIMOなら空間多重で複数同時接続が可能なので、例えばスマホ3台を同時に接続しても3台とも通信速度が落ちずに通信が可能になるということです。

必須機能ではありませんが、複数人で同時に使う可能性のあるご家庭はチェックしてみてもいいかもしれません。

ストリーム

製品の仕様ページに「2×2」や「3×3」といった記載があると思いますが、これが対応ストリーム数を指します。

このストリーム数の数が多ければ多いほどアンテナの数は増えて、複数の端末を接続したときに通信速度が落ちにくくなります

さらにストリーム数によって回線速度も変わります。現行では1ストリームで最大433Mbps、2ストリームであれば866Mbpsに対応しています。

WiFiルーターを同時に接続する端末の数が多い場合、速度の速い光回線を利用する場合にはストリーム数が多いルーターを選んだ方がいいでしょう。

1×1 2×2 3×3 4×4
11acの回速度 433Mbps 866Mbps 1.3Gbps 1.73Gbps

IPv6 IPoE

光コラボを契約している人はこれ要チェックです。

光回線と言えばKDDIのauひかり、So-netのNURO光、電力会社が提供するコミュファ光やeo光などいくつも選択肢がありますが、最も利用者が多いのはやはりNTT回線を利用している光コラボです。

しかし光コラボは利用者が多いがゆえに夜間帯になると回線が混み合ってしまい著しく速度が低下してしまいます。

そこで光コラボ各社は、利用者が混み合うIPv4 PPPoE接続から回線が空いているIPv6 IPoE接続に切り替える「IPv6オプション」や「V6プラス」と呼ばれるオプションサービスを提供しています。

ただし、このIPv6 IPoE接続をするためにはWiFiルーター自体がIPv6 IPoEに対応していなければなりません。

というわけで、光コラボを契約していて今後IPv6 IPoE接続のオプション契約をする可能性がある人は是非「IPv6 IPoE対応」のWiFiルーターを選びましょう。

おすすめランキング

1位:バッファロー/WHR-1166DHP4

おすすめポイント
  • INTERNET ポートに最大伝送速度1,000MbpsのGigaポートを搭載
  • スマホを狙ってWiFiが届くビームフォーミング機能
  • 来訪者のWiFi接続に最適なゲストポート機能

総合評価

価格:星45個4.8
スペック:星35個3.5

2位:バッファロー/WSR-2533DHP

おすすめポイント
  • 4×4アンテナを搭載し、5GHz帯は最大1733Mbp、2.4GHz帯は最大800Mbpsの高速通信が可能
  • ビームフォーミング非対応機種でも転送速度・安定性を向上させるビームフォーミングEX対応
  • 時間帯を指定して接続を制限するアクセス制限機能と有害サイトの閲覧を端末ごとに制限できるフィルタリング機能搭載

総合評価

価格:星35個3.5
スペック:星45個4.5

3位:NEC/WG2600HP2

おすすめポイント
  • MUーMIMOで複数の端末と通信速度を落とさず同時通信
  • ひかりTVなどのIPv6方式(※)を利用した映像配信サービスに対応
  • 外出先から自宅のPCにリモートアクセス可能なホームIPロケーション

(※)IPv6 IPoE方式(v6プラス、MAP-E、DS-Lite)には非対応
総合評価

価格:星35個3.8
スペック:星4個4.0

4位:バッファロー/WXR-1900DHP3

おすすめポイント
  • 次世代IPアドレス規格「IPv6」に対応
  • より高度なセキュリティー「L2TP over IPsec」に対応
  • 「干渉波自動回避機能」搭載で安定した通信を実現
  • 4K映像を最優先で再生できるアドバンスドQoS「4Kモード」対応

総合評価

価格:星25個2.8
スペック:星4個4.0

5位:NEC/WG1900HP

おすすめポイント
  • 安定性と利便性を兼ね備えた3ストリーム
  • μSRアンテナの採用で、360°全方位へ電波をしっかり飛ばして放射効アップ
  • μEBG構造により、電磁ノイズを最大約25%カット

総合評価

価格:星3個3.0
スペック:星35個3.5

スペック比較

バッファロー
WHR-1166DHP4
バッファロー
WSR-2533DHP
NEC
WG2600HP2
バッファロー
WXR-1900DHP3
NEC
WG1900HP
最大転送速度 886+300Mbps 1733+800Mbps 1733+800Mbps 1300+600Mbps 1300+600Mbps
ビームフォーミング
11ac
MU-MIMO
ストリーム 2×2 4×4 4×4 3×3 3×4
IPv6 IPoE

マンション・一人暮らし

マンションやアパート等の集合住宅に住んでいて、一人暮らしの人は「バッファローWHR-1166DHP4」が一番コスパが高くてオススメです。

ストリーム数が2×2と少な目なので、2階建て以上の一戸建てに住んでいる人や、自分以外の家族の人が同時に複数台の端末を接続するとなると2×2では接続の安定性にやや不安が残ります。

しかし集合住宅の場合ならWiFiルーターと端末の距離がそこまで離れることはありませんし、自分一人だけならそこまで多くの端末を同時に接続するということもないでしょう。

バッファローWHR-1166DHP4はとにかく費用対効果に優れているのでコスパ重視の人には是非オススメしたい機種です。

一戸建て(2~3階建)・家族3人以上

2階建て以上の一戸建てに住んでいる人や、お子さんがいるご家族にオススメしたいのはバッファローのWSR-2533DHP、あるいはNECのWG2600HP2です。

どちらもビームフォーミングに対応していて、なおかつストリーム数が4×4なので2階建てや3階建てのようにWiFiルーターと端末が遠く離れてしまうような場合でも無線接続の安定性には期待できるでしょう。

ちなみにどっちの機種にするのかという点ですが、NECのWG2600HP2は空間多重で複数同時接続の安定性に優れたMU-MIMOに対応している分、若干バッファローのWSR-2533DHPよりも高いです。

コストを取るならバッファローのWSR-2533DHP、接続の安定性を取るならNECのWG2600HP2がオススメです。

光コラボ

光コラボを利用している人は間違いなくバッファローのWXR-1900DHP3がオススメです。

WiFiルーターの選び方の項目でも説明しましたが、光コラボは回線の混雑を避けて回線速度を向上させる「IPv6オプション」「V6プラス」といったオプションがあります。

そしてこれらのオプションを利用するためにはIPv6対応のWiFiルーターが必要で、今回紹介したWiFiルーターの中で唯一IPv6接続に対応しているのがバッファローWXR-1900DHP3なんです。

光コラボを利用している人は是非検討してみてください。

まとめ

以上がWiFiルーターの選び方と、おすすめ機種ランキングです。

WiFiルーターは機種によって機能性に大きな差があることがお分かりいただけたと思います。

あなたに最適の無線LANルーターが見つかり、快適なインターネットライフが送れるよう祈っております。

スポンサーリンク

シェアする!

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。