1. ホーム
  2. 基礎知識
  3. ≫Wi-Fi(ワイファイ)とは一体なに?分かりやすく具体的に解説します!

Wi-Fi(ワイファイ)とは一体なに?分かりやすく具体的に解説します!

ここ数年テレビCMや家電量販店などで耳にすることも多くなった「Wi-Fi」という単語。

「当店はWi-Fi対応のレストランです」などと言われても実はサッパリ分かっていない人も多いのではないでしょうか?

そこで今回はWi-Fiについて初心者の方に分かりやすく解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

Wi-Fi(ワイファイ)とは

Wi-Fiの正式名称はWireless Fidelityで「忠実な無線通信環境」という意味になります。

Wi-Fiは「Wi-Fi Alliance」という団体に認証された、無線LANの認定規格1つで、「IEEE 802.11」という国際的な通信規格を持つ端末同士を繋げることを約束しています。

メーカーの違う同士の端末でも「IEEE 802.11」という国際標準規格を持つ端末同士なら通信のやりとりが可能になります。

・・・というのが正式なWiFiに関する説明になるんですが、IEEEなんちゃらなんてのは知っておく必要はありません。

実際にはみなさん「回線通信機器無線で繋ぐ」ことをWiFiと呼んでいます。

Wi-Fiは海外でも利用することができ、例えば日本からドコモのスマホを持ってアメリカに行っても現地のWi-Fi対応ルーターに繋げればインターネットを利用することができます。

こうした便利さがあり海外では爆発的に普及、最近では日本でも使われるようになっています。

Wi-Fiを駆使することでルータからパソコンやテレビ、スマートフォンやタブレット端末、さらにはプリンターやゲーム機など様々なものに同時に接続をすることが可能になっています。

Wi-Fiと無線LANの違い

「Wi-Fiと無線LANって内が違うの?」という疑問を抱く方は非常に多く、実際このような質問を受けることが多々あります。

端的に申し上げますと、無線LANという大枠の中にWi-Fiという通信手段がある、というのをイメージになります。

無線LANはインターネットが普及する以前の1990年代から既に存在していた通信手段だったのですが、有線LANほどサクサクにインターネットができるものでもなければ、別々のメーカー同士では通信できないという大きなデメリットがありました。

そこで上述にも登場した「Wi-Fi Alliance」という団体が無線LANを普及させるべく、国際標準規格の「IEEE 802.11」という無線LAN接続方式を定めました。

「IEEE 802.11」の規格に対応している製品にのみ、「Wi-Fi」というロゴマークを付けることが許可されています。

今ではどこのメーカーも「Wi-Fi」対応の製品を開発しているので、無線LAN=Wi-Fiと思っていただいても間違いありません。

Wi-Fiと有線LAN

Wi-Fiを含めた無線LANと有線LANでは一見似たようにインターネットを利用できても様々な部分で違いがあります。

例えばWi-Fiは電波が届く場所であればどこからでもインターネットを利用することができますが、有線LANはケーブルが届く範囲内でしか利用できません。

速度の面に関してはケーブルを繋いでいる有線の方が圧倒的に速い上に回線も安定します。

持ち運び端末であるスマートフォンやタブレットはWi-Fiで、メインのPCやオンライン対戦をする据え置きのゲーム機は有線LANでなど、用途によって使い分けるのがスマートです。

Wi-Fiと次世代高速携帯通信規格(LTE)の違い

Wi-Fiとスマホなどで利用されるLTEの違いは何でしょう?

LTEと言えばガラケー時代に主流だった第三世代携帯通信規格(3G)をさらに高速に進化させたもので、別名4Gとも言われています。

LTEでは以前の携帯通信規格とは比べ物にならないくらいの通信速度を誇っており、WEBサイトの閲覧だけでなく動画の視聴もスムーズに行うことができます。

利用する側の視点でWi-FiとLTEの比較をすると、Wi-Fiはどれだけ大量の動画を見ようと通信料金を気にすることはありません。(ここで言うWiFiとは自宅の光回線をWiFiで繋いだ場合を想定しています)

LTEは各携帯電話会社の通信を利用しているため使い過ぎれば通信制限、場合によっては高額の通信料金を払う必要性が生じます。

ただしLTEは外出先ではWi-Fiとは違い電波が不安定になることが少なく、携帯会社の基地局がある範囲内においては快適にインターネットなどを利用することができます。

Wi-FiとBluetoothの違い

近年登場してきた通信手段の1つにBluetoothがあります。

Bluetoothは「パソコンとワイヤレスマウス」や「パソコンとワイヤレスキーボード」「スマホとワイヤレスイヤホン」のように通信機器同士の無線接続に用いられることが多い通信規格です。

Wi-Fiの「IEEE 802.11」に対して、Bluetoothは「IEEE 802.15.1」と別物の通信規格になっています。

性能面においても、Wi-Fiは100メートル範囲の通信が可能なのに対して、Bluetoothは約10メートル前後とかなり狭くなっています。

さらにWi-Fiは複数のデバイスに接続できるのに対して、Bluetoothは1対1の接続しか行えません。

つまりスマホやタブレットなど複数台をインターネットに接続する可能性があり、なおかつ自宅の広範囲で接続するための無線として、通信距離が狭く1体1の接続しかできないBluetoothは向いていないということです。

Wi-Fiの特徴

Wi-FiがPCやスマートフォンをインターネットにつなぐ通信方法の1つで結構便利なもの、という認識は持っていただけたかと思います。

では実際にWi-Fiの特徴やできることが何かについて触れていきたいと思います。

ケーブルなしでルーターに接続が可能

先ほどからWi-Fiは無線LANの一種であると説明をしてきました。

無線LANであるので当然ながら有線ケーブルなしでルーターへの接続が可能になっています。

有線ケーブルを必要としないのでケーブルのポートの数を気にすることなく、ルーターの上限いっぱいまで同時にPCやスマートフォンなどを接続することができますし、ケーブルが邪魔をすることもありません。

家族みんなで携帯端末を同時にインターネットに繋げれます。

別室のプリンターをPCに繋げることができる

家族1人1人が自室にプリンターを持っていることって中々ないですよね?

「パソコンで書類を作ったから印刷がしたい」となった時に別室や別の階までパソコンを持って行きプリンターを繋ぐのは大変です。

ですがプリンターを無線LANでインターネットに接続できる環境が整っていれば別室にいながら必要な資料を印刷することができます。

今のはあくまでプリンターを例に挙げましたが、プリンター以外でも、Wi-Fi接続が可能なオーディオスピーカーやその他電子機器でも活用可能です。

さらにプリンターで言えば、従来はUSBケーブルなどでPC端末に繋がないと印刷できませんでしたが、Wi-Fi対応プリンターであればUSBを繋ぐことができないスマートフォンからも接続が可能、印刷することができます。

スマートフォンで様々なデバイスを操作可能

Wi-Fi接続できる最新のデジタル家電ならば、スマートフォンやタブレットをリモコン代わりにして操作することも可能です。

家電をインターネットにつないでスマートフォンを介して操作すれば、外出中の消し忘れなどにも対応することが可能です。

まとめ

以上、Wi-Fiについての解説でした。

  • Wi-Fiは無線LANの一種
  • 様々なデバイス・端末と通信ができる「IEEE 802.11」という国際規格
  • 有線LANと比べて高速で安定した通信はできないものの、利便性が高い
  • Wi-Fiを駆使すすれば1度に様々なデバイスをインターネットに接続できる

今Wi-Fi規格を採用していないデバイスは基本的にはないので、無線LAN=Wi-Fiと認識しても問題ありません。

スポンサーリンク

シェアする!

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。